https://thedefiant.io/sec-turns-the-screws-again-with-crypto-market-manipulation-case こちらの抄訳です。

メガMutant Apeを共に保有していた方が心強いということで、あるコレクターは優良なNFTコレクションにレバレッジをかけた危険な取引を行いました。

「メタバースに豊かな物語と世界を創造する」というスローガンのもと、3人経営の会社であるFragmentは、約130万ドル相当の1000ETHローンを組んで、Mutant Ape Yacht Clubコレクションの中で最もレアなNFTの1つであるMega Noiseを購入したのです。

担保はいくらになるでしょう?Fragmentが90日以内にローンを返済できない場合、他の2つのMega Mutant Apesを失うことになります。

暗号レンダーのNexoは、年率18%の金利でETHを提供しました。(超レアなメガノイズNFTの購入資金をNexoが調達)

「NFT融資におけるAPRは異常に高い」と、NexoのNFT融資チームの一員であるKiril Nikolov氏はThe Defiantに語りました。「主な理由は、この商品が成熟していないため、需要が限られており、担保やそのリスク、ヘッジ方法について貸し手の理解も限られているからです。」

Fragmentの創業者は、ptmというペンネームで、The Defiantに、自分が背負ったリスクを理解していると語っています。

「NFTの分野で生計を立てている多くの人々は、ある程度のリスクに抵抗がなければ、この分野には参入しないでしょう」と彼は言います。「私は、このようなボタンをクリックして融資を実現することに不安を覚えたと言うのは正直なところです。」

 

Bored Apeの派生商品として

Mutant Ape Yacht Clubは、時価総額で最も価値のあるNFTコレクションであるBored Ape Yacht Clubからスピンオフしたプロフィール写真スタイルのNFTコレクションです。Mutant ApeとBored Apeは共にステータスシンボルとなっており、それぞれのコレクションの中で最も安いもので約60,000ドル、110,000ドルの価値があります。

しかし、さらに希少なApe が存在します。3万体のボアードエイプとミュータントエイプのうち、10数体のメガミュータントエイプが存在し、それぞれがありふれた仲間の数倍の価値があるのです。昨年、Bored Ape Yacht Clubを開発したYuga Labs社は、Bored Ape所有者に「突然変異serum(血清)」NFTを空中投下しました。

「この血清に自分のBored Apeをさらすと、新しいMutant Apeが生まれ、血清は破壊されるが、元のApeは無傷のまま残るという仕組みだ。しかし、血清にはいくつかの段階があります。M3は8種類あり、最も希少なものです。M3血清にさらされたBored Apeは、メガミュータントを生み出し、血清は元のApe自身と同じくらい価値があります。1月にM3血清が200万ドル以上で売れました。」

メガ・ノイズの購入により、フラグメントは現在5体のメガ・ミュータントを保有することとなりました。”Applied Primate Engineering “と題する極秘マルチメディア・プロジェクトのために集めています。Ptmは、水曜日にTwitterでMega Noiseの購入とApplied Primate Engineeringの野望について言及しました。

「我々の友人であるYuga Labsはweb3のディズニーになりつつあり、我々はYugaの世界の中に次のマーベルスタジオを作りたい。”」

勢いを増すNFTレンディング
この融資は珍しいものですが、NFTを実用化する、つまり流動性が低く、価格がつきにくい資産を広範なDeFiエコシステムで活用するための幅広い取り組みの一部です。

この取引は、ピアツーピアのNFTレンディング・プラットフォームであるArcadeが推進しました。Arcadeの共同設立者であるRobert Masiello氏はThe Defiant誌に対し、NFT融資プロトコルは実店舗の質屋のように機能し、誰かがビンテージギターやロレックスの時計を担保に短期融資を受けるようなものだと語っています。

暗号資産分析会社Nansenのデータによると、NFTの取引量は今年初めの史上最高値から80%以上減少しています。しかし、Masiello氏はNFTレンディングプラットフォームに対する認識が一般的に高まっていると考えています。

アーケードの融資は、Fragmentの融資が最大ではありません。今年初め、Nexoは1,200ETH(当時330万ドル相当)を、珍しいZombie CryptoPunksのペアを担保として掲示した匿名の借り手に貸し出しました。

しかし、担保として使われたMega Mutant Apes、Mega ElectricとMega Swampは、そのように使われたNFTの中で最も希少なものかもしれないと、Masielloは述べています。

水曜日のCryptoPunkの3,300ETH、またはほぼ450万ドルでの販売を引用して、ptmは、メガミュータントは、その美的魅力とその希少性を考えると、おそらく過小評価されていると述べました。

「私はNFTには2つの側面があると思います – それは「これらのものは多くの価値がある」ことですが、同時に「何のために存在するのか」というも1つの側面です。私たちが知っているメディアのような既存のビジネスを、どのように変革するのかを本当に理解していく過程でもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

セブン銀行も出資しているStellerベースの海外送金ネットワーク!クリプト訪ねて三千里:第293話 Lightnet

1月 18, 2020 0 Comments 0 tags

15億円近いTetherがBlockstreamのLiquidを通じてCrosss-chain Swapされたとの報道。DigitalGarageも共同で研究を重ねているLiquidはBtc Blockchainベースで動くネットワークです。匿名化によってTetherのトランザクションを隠し、フロントランニングを防ぐ狙いがあるといいます。