DeFiの最も古いレンディングプロトコルの1つであるCompound Financeは、総バリューロック(TVL)27.2億ドルで、ガバナンス投票に成功し、8月25日にCompound IIIをデプロイしました。

ベースアセット
コンパウンドの新しいイテレーションにおける最大の変更点は、プールされた資産のセットから任意の資産を借りることができる代わりに、ユーザーは1つの “基本資産 “しか借りることができなくなることです。

コンパウンドIIIは、基本資産を除いて、預けた資産に利息を支払うことはありません。この最初の展開では、USDCが基本資産、つまり借入可能な資産となります。

プロトコルのDiscordにおける創設者Robert Leshner氏の投稿によると、Compoundガバナンスは、異なる基本資産とプールされた資産で将来の展開を決定する。

Compound IIIでは、ユーザーの資産も分離され、他のユーザーはCompoundの前のバージョンを使用するときのように共有プールから借りることができなくなります。

DeFi Llamaによると、TVLが27.2億ドルで、Compoundは9番目に大きなDeFiプロトコルです。TVLベースで上位5つのすべてのプロトコルと同様に、Compoundは価格の下落に伴い、そのスマートコントラクトに固定された価値が年間で25%以上減少しています。

Compound IIIのシンプルさと安全性の重視は、弱気相場が続く中、DeFiの借入市場を再活性化させるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

Azureでトークンを生成できる!クリプト訪ねて三千里:第223話 Azure Blockchain Tokens

11月 9, 2019 0 Comments 0 tags

Tokenを作ること自体はクラウド上もしくは、STOプラットフォームで行えばよいためトークン化のハードルは非常に低くなってきました。クリプトの本義である分権化構造を構築するのことは別次元ですが、あらゆるモノをトークン化して、どのようなマーケットに迎合されるのかより早く見てもらえるのは良いことかと。