ここNYでは、1つのアセットクラスとして受け入れられてきた印象のあるクリプト。そんな中、Lukkaはクリプト等のデジタルアセットを取り扱う企業の作業効率を飛躍的に向上させるミドル、バックオフィスソフトウェアを開発しています。

クリプトを会計処理可能な資産に

 

Lukkaは2018年までLibraとして運営していましたが、2019年にLukkaとしてリブランディングしました。デジタルアセットを取り扱う企業のミドル、バックオフィス業務を効率化させるソフトウェアを開発している傍ら、データプロバイダーとしてブロックチェーン周りのデータを分析してレポートを作成しています。

 

主な顧客には、クリプトに投資するファンド、取引所が名を連ねています。というのも、皆さんご存知だとは思いますが、クリプトの問題として、その会計処理の煩雑さがあります。

例えば、ETHでアルトコインに投資した場合、アルトコインの価格変動以外にもベース通貨であるETHの価格変動も加味しなければなりません。それらの動きを追跡して会計処理可能なレポートを作成してくれるというのがこのLukkaです。

 

 

その他にも、データプロバイダーとして、リファレンスデータ(ブロックチェーンのアクティビティ分析)やプライシング(クリプトの値決め)を支援するサービスを提供しています。

 

【Lukka】

・出資ラウンド(2019/5現在):シリーズB

・資金調達額:23.3M

・売上予測:N/A

 

*出典はCrunchBase

https://www.crunchbase.com/organization/libra#section-overview

 

・ポジションについて

2019年5月現在の従業員は-50名?(正確な情報は不明)。

空きのポジションは2019年5月現在、セールス、エンジニアともに様々な職種の募集を受け付けていますので、ご興味のある方は直接連絡してみましょう!

福利厚生も下記の通り、充実しています!