Japanese Assembly Members Seek to Make Tokyo a ‘Cryptocurrency Trading Center’ こちらの翻訳版です。

日本は、暗号通貨業界にとって着実に関心のある地域になっていますが、首都の政治家がその傾向を強めようとしています。東京都議会議員は、日本の首都を暗号通貨の「トレーディングセンター」に変えたいと考えています。

ブロックチェーンを「成長戦略」とし、産業のハブを作る
問題となっている3期目の都議会議員である伊藤ゆう氏は、デジタル資産ビジネスへの関与を強めることで、都の金融部門を強化する可能性についてコメントしました。

これは、小池百合子東京都知事が発表した経済計画に賛同しての発言です。伊藤はまた、ロンドン、マカオ、香港といった他の主要な金融ハブと競争するために、東京が直面している課題を指摘しました。また、ビットコイン(BTC)の税率が高いことが、投資家や企業の日本での活動を阻害しているのではないかと考えており、国内での産業発展のためには大きなアクションが必要だと述べました。

同じく東京都議会議員の入江伸子氏も同様のコメントをしています。

国はコロナの影響で赤字国債を刷っている。東京でも、ブロックチェーンのような富を生み出せる技術を成長戦略に据えて、新しい財源を作っていかなければならない。

ビットコインの健全な課税環境を保証する
世界的にビットコインの普及が進んでいることを評価しつつも、政治家の対応に懸念を示しました。ここで彼女は、東京が暗号通貨取引の中心地となるために必要な行動を緊急に説明しています。

政治家は今、ビットコインにまつわる金融政策や税制の問題に取り組むべきです。国でやるとスピード感がなくなるので、東京に特区を作って、都内で無税で使えるようにする。走りながら課題を洗い出し、体系的にクリアしていくのが政治家の役割だと思います。

入江氏はまた、コロナウイルスをきっかけに、政策適応の採用を加速させる一方で、東京に暗号通貨トレーディングのハブを開発するための健全な環境を整えることを強調しました。

経済を好転させなければならないときには、お金が滞留しない仕組みを作る必要があります。そのためには、仮想通貨やブロックチェーンが活用できる。今回学んだことを踏まえて、加速していくことが必要だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第596話からのターン。バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきます。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

ブロックチェーン+サプライチェーンの最新事情をNYから (2018/9/17 meetupレポート@ NY)

9月 19, 2018 0 Comments 0 tags

今回ご紹介するNYのミートアップは9/17に行われた「ブロックチェーン+サプライチェーン」です。 ブロックチェーン技術の活用は、仮想通貨に焦点が当たりがちですが、今回は実社会に通用するサプライチェーンでの使い方について、熱いトークが行われました。