BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考える筆者が、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムです!その日目に留まったメディア記事も幾つかピックアップしてお届けします!

勝手にピックアップ。今日のクリプト界隈の出来事。

 

・Signature BankのSignetが預金残高$200Mの積み増しに貢献(The Block)

約8000億円もの預金残高増を記録した今期のSignature Bank。その内の約200億円は自社BlockchainのSignetが寄与していたとされます。

⇒Signetの存在がクリプト民の獲得に直接寄与しているという同行のレポート。このような成功事例が日本にも数年後波及して、銀行でクリプトを取り扱える日が来るかと。

 

*併せて読みたいSilvergate Bankの第二四半期の考察。こちらも独自BlockhcainのSENが好影響を及ぼしている模様。

 

・Whale Alert – 2016年のBitfinexのハッキングで盗まれた$27Mが移動(Coindesk)

2016年に起こった120000BTCが盗まれたBitfinexのハッキング事件で関与されたとされるアカウントから2550BTCが移動した模様。

⇒移動先は個人のアドレスだと推察されていますが、久しぶりに好調なマーケットに冷や水を浴びせそう。

 

・Polkadotが3日で$43Mを調達(Coindesk)

第2回目のトークンセールとなる今回の資金調達で$43Mを3日間で集めた。$DOTの価格は$125で、2017年に調達した$145Mと合わせると$200M弱の総額を集めたことになります。

⇒Ethereumの共同創業者であるGavin Wood率いるPolkadot。OTCでは$50~80で推移していたので公募価格の$125で飛びついたのは、リテールか。もしくは売り抜けたか?マーケットと若干乖離しているかも。

 

今日のスタートアップ・ハント!

 

KeeperDAO:https://keeperdao.com/#/

KeeperDAO is an on-chain liquidity underwriter for DeFi

 

KeeperDAOはフラッシュローンの借入とそのプールへの貸出を行えるプラットフォーム。極めつけは資金の借り手であるKeeperが獲得した利益を借り手貸し手の全体で分配できるというオモシロさ。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

カード発行機能をAPIで提供!クリプト訪ねて三千里:第221話 Marqeta

11月 7, 2019 0 Comments 0 tags

あらゆる方面でチャイナマネーが細ってきていると聞きます。知り合いの中国人の方でVCのファンドレイジングを担当している方が非常に苦労していると言っていました。一方で資産を海外に出すためにあの手この手を凝らしているとも聞きます。