FBIは月曜日、DeFiプロトコルを標的とした暗号ハッキングの割合が増加していることを挙げ、分散型金融に慎重にアプローチするよう投資家に警告しました。

暗号資産フォレンジック企業Chainalysisの分析を指して、FBIは、2022年の最初の3ヶ月間に盗まれた暗号の97%がDeFiプラットフォームからで、2021年の72%から増加したと述べました。

同局は、DeFiプラットフォームの脆弱性は、「クロスチェーン機能の複雑さ」と、プロジェクトが主にオープンソース、つまりコードが一般に公開されていることに起因していると述べています。

オープンソースのコードは、ホワイトハッカーがコードを精査し、プロジェクトに代わって弱点を特定することを可能にし、ハッカーは通常、報奨金を得ることができます。しかし、これは犯罪者が同じことをして、DeFiソフトウェアを悪用できることも意味します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!