トークンの流通供給量は、市場や一般消費者の手に渡っている資産の数を最もよく表しています。コインマーケットキャップは、時価総額を決定するための指標として、総供給量よりも流通供給量の方がはるかに優れていることを発見しました。流通供給量を使用する方法は、従来の投資において企業の時価総額を決定するために公的浮動株を修正する方法に類似しています。

 

スマートコントラクトや法的契約によってロックされている資産、チームや個人投資家に割り当てられている資産、パブリックマーケットで売却できない資産は、価格に影響を与えることができないので、時価総額にも影響を与えないようにする必要があります。例としては、以下のようなものがありますが、これらに限定されるものではありません。

プライベートセール – 一部の投資家のために確保され、公開入札/投票を通じて一般に公開されない資産

エコシステム/バウンティ/マーケティング/オペレーション/エアドロップ – プロジェクトのエコシステムを成長させるための活動のために確保された資産。例えば、エアドロップされたトークンは、プロジェクトが資産に対する活発な需要があったという証拠(例えば、ユーザーがエアドロップのために登録/KYCした)を提出できない限り、一般的に循環供給から除外されます。
マスターノード/ステーキング – マスターノードに「ステーキング」された資産はケースバイケースで評価されます。マスターノードの分布、所有権、ロックアップ期間などの要素も考慮されます。
チーム/財団/財務省/エスクロー – プロジェクトのメンバーまたは主要なエコシステムの参加者によって保有される資産。このような保有は供給のかなりの割合を構成することができます。

 

流通供給は、プロジェクトのチームとのコミュニケーションを通じて、コインマーケットキャップのチームによって検証されます。最初の分配、プライベートな割り当て、ロックされたアドレス、チームが管理するアドレス、将来の使用のために割り当てられた供給の一部を含むアドレスなど(ただし、これらに限定されない)の詳細を求めます。

プロジェクトのブロックチェーンと分配表を調べ、提供された情報に基づいて、市場で自由に流通しているものの最善の近似値を決定します。
情報が検証された後、循環している供給は通常、(i) 控除可能なウォレット残高を参照するか、または (ii) 精査可能性と再現性がある場合は関連するブロックエクスプローラAPIを使用してリアルタイムで更新されます。

正確で十分に文書化された情報を誠実に提供することは、すべてのプロジェクトの利益となります。うまく運営されているプロジェクトのほとんどは、異なるアドレスにまたがる資産の配分を説明することができます。プロジェクトが必要な書類を提出することが困難な場合、または提出書類に不正がある場合、我々はそのCSデータを検証することができません。
供給量の数字を操作したり、人為的に膨らませようとするプロジェクトは、ランキングから永久に失格となります。

(検証済み/ランク付け可能な)流通供給量(および時価総額)。検証済みCSの発行の一般的なガイドラインとして、資産は、少なくとも3つのCMCがサポートする取引所において、「追跡された上場」ステータスで重要な取引活動/出来高がなければなりません。CoinMarketCapは、プロジェクトに対し、当社のデューデリジェンスの基準レベルを満たすのに十分な情報を提供するよう求めています。プロジェクトチームが当社の基準/手法を満たす必要な情報を提供しない場合、検証済みの流通供給量を公表することはありません。流動性、取引量、資産の取引所も、暗号資産ランキングに影響を与えるため、検証済みのCS(および時価総額)を導き出す際に考慮されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!