仮想の土地に価値があるという考え方は、直感に反すると思われるかもしれません。結局のところ、物理的な土地とは異なり、マウスを数回クリックするだけで、より多くの仮想の土地を作ることができますよね?
そうとも言えるし、そうとも言えない。メタバースには、どれだけの「土地」が存在するのか、その土地が世界の中でどのように位置するのかなどのルールがあります。理論的には、そのルールを変更し、さらに土地を作ることも可能です。しかし実際には、土地の希少性、つまり価値に関するユーザーの認識に反することになり、メタバースの不動産経済が破綻する可能性が高いのです。メタバースは、その希少性から好景気に沸いており、投資家もそれに気付き始めています。
6月、デジタル不動産投資会社Republic Realmは、メタバースDecentralandの重要区画(NFTとして販売)に913,000ドル超を支払った。この土地は細分化することが可能で、それぞれの土地は独自のNFTとして販売、あるいはリースすることができます。物理世界の不動産投資信託(REIT)のように、Republic Realmは投資家向けにデジタル不動産ファンドを提供する準備も進めており、一等地の仮想不動産を購入する余裕がない人でも、その資産の一部分、取引可能な部分を所有することができます。NFTを駆動するメタバースを提供するビデオゲームにますます注目が集まっています。ウィンクルボス兄弟や他の暗号資産大国は、The Sandboxと呼ばれるイーサリアムベースのゲーム/メタバースで仮想土地に多額の投資を行っています。2月には、アクシー・インフィニティ・ゲームの9区画の土地が150万ドルで落札されました。そしてマインクラフトファンは、メタシティサーバーにあるNFTベースの土地をゲーム内通貨で購入することができます。
NFTの分野間で、いかに多くのクロスオーバーが展開されているのか、もうお気づきでしょう。

NFTの不動産は、物理的な領域にも渡ります。SuperWorldという会社は、現実世界をデジタル化し、購入可能な650億の100×100メートルの区画にマッピングし、それぞれをNFTとして(再)販売できるようにしました。所有者は、自分の区画に好きなものを作り、それを拡張現実として見ることができる。ほとんどの一般的な区画(おそらくあなたの子供の頃の家のような)は、0.1ETHで販売されています。ニューヨーク通りのブロックは、現在1000ETHで販売されています。他の会社がやってきて、まったく同じことをする可能性はありますか?もちろんあります。しかし、SuperWorldは早期採用とネットワーク効果に賭けて、このアプリケーションで市場の事実上の選択肢となることを目指します。
物理的な不動産もNFTになりえます。今年6月、キエフで最初の取引が行われました。その仕掛けは、不動産がLLCとして所有権を持つようにすることでした。購入すると、LLCの所有権が移転し、NFTとしてパッケージされた不動産も一緒に移動します。これは、郡庁の記録や他の従来の土地譲渡の手段を回避するものです。

NFTが従来の金融や投資の世界を侵食するのは、不動産が始まりに過ぎないと思われます。NFTfiのように、NFTを担保として流動性プールの貸し借りを行うなど、NFTと分散型金融(DeFi)の橋渡しをする方法が多く見られるようになることが予想されます。注目のNFTオークションが今後のNFTオークションの前触れであるように、NFTfiも同様です。NFTへの世界的なアクセスと競争が激化する中、両ケースだけでなく他の多くのケースでも、リアルタイムの取引パフォーマンスがますます重要になるでしょう。ネットワークには、トランザクションのレイテンシーを低く抑え、混雑を回避するよう、ますます大きなプレッシャーがかかるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

ビジネスにおける”暗号化”を考える(1/2) NuCypher Workshopレポート

1月19日、26日にLittle Monster Inc.が主催した、独自のPRE(Proxy-Re-Encryption:プロキシ再暗号)とFHE(Fully-Homomorphic-Encryption”:完全”準同型暗号)を用いたKMS(Key-Management-System:鍵の権限管理システム)を研究・提供しているアメリカの暗号技術専門の企業NuCypherのTokyo Workshopの様子を2部に渡ってお届けします!