最近は世界経済の動向を見守るかのように株式、債権、クリプトマーケットにあまり動きがありません。今週来週あたりから夏休み明けのトレーダーらがマーケットに戻り、動きが活発化してくるのでしょうか。

Groundhog:https://groundhog.network

Accepting crypto subscriptions is a breeze.

GroundhogはEth, Dai, ERC-20系のトークンを決済手段として受け入れられるプラグインを提供しています。サブスクにも対応しているということで、月額サービスを念願のクリプト決済で行うことができるという訳です。

なお導入の際には0.5%のトランザクション手数料がGroundhogの収益として徴収されるとのことです。(クレジットカードの場合は4%)

 

【Groundhog】

・出資ラウンド(2019/9現在): –

・資金調達額:-

・ポジションや提携について

もしご関心ある方いらっしゃいましたら、お気軽に下記のお問い合わせからご連絡を!

Explore More

2017年創業の新興Prop Fund!クリプト訪ねて三千里:第319話 Wintermute Trading

機関向けの交換業を展開するSeedCXがTetherとDaiの取り扱いを発表。同社は事業の位置取りを決済/精算に移動させる意向を示しています。

Coinlist ジョッシュさんに聞く、法の遵守とICO

「Latitude59」に参加していたCoinlistのJoshua Slaytonさんにお話を伺うことができました。ブロックチェーン技術を使ったプロジェクトの開発にICOが不可欠なのは言うまでもありませんが、その資金調達を巡って、厳しさを見せる米証券取引委員会とのせめぎ合いが続き現在、法と仲良くできているのはコインリストだけかもしれません。