Signature Bankの2020年Q1の売上が前年比で30%減とのこと。主要な米銀が40~50%の下落を記録する中、比較的影響が少ないという見方もできますが、クリプト業者のオアシスである同銀がつぶれる事だけはあってほしくない。

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考える筆者が、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムです!これ面白くない?という軽いノリでやっています。

Alameda Research:https://www.alameda-research.com/

Quantitative cryptocurrency trading firm

Alameda ResearchはBitMexのLeader Boardにも名を連ねているクオンツ。

Jane Street、Optiver、Susquehanna、Facebook、そしてGoogleと金融とテックの両領域の熟練者がトレーディングを率いています。

 

日本の取引所でもここにMMを依頼しているところもあるようです。

スプレッドが狭くて評判良さげ。

 

それにしても米国のクリプト周りはMIT等の超秀才が集積していますね。

そして若い。Alamedaも殆ど20台かもしくは30代前半で構成されている模様。

 

・出資ラウンド(2020/5現在): Seed

・資金調達額:-

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

ビットコイン保有者のリッチリストで情報戦線

11月 17, 2017 0 Comments 0 tags

皆様、こんにちは。cryptoトレーダーです。本日は、かなり冒険的な記事を書くことになると思います。なぜならば、自分自身どのように「この代物」を取り扱うべきかまだ決まっていないですし、書き進むにつれて別に大した意味もなかった、となって「ボツ」となる可能性もあるからです。「この代物」が存在することで仮想通貨が他の金融商品と全く異なる性質を持つのだということは理解しておきましょう。