給料をProgrammable Moneyで貰い、自分のウォレットで管理し、スマートコントラクトにて貯金と資産運用を自動で行うことが可能になるDeFiの未来において、資本の流動性は極度に高まります。その際にどのプロトコルで資本を運用するのか、という意思決定の回数は非常に多くなるでしょう。ユーザーはある程度のリスク選好を設定しておき、細かい内容(実際に何を購入しているのか)を把握しなくなります。だからこそベースのプロトコルはトラストレスなものでなければならないのかと、考えています。

EthereumYUM:https://devpost.com/software/ethereyum

Transaction splitter — make one smart contract and pay multiple ethereum accounts.

Ethereum YUMは複数のパーティー(ウォレット)に同時にトランザクションを自動で行うことができるツールを開発しています。

使用例として、ユーザーがカフェにてコーヒーを購入した時、小売店舗への支払い、コーヒー豆農園への支払いを同時に行うことができるといいます。流通チェーンという概念があるなか、エンドユーザーからサプライチェーンの上流へ直接支払うことがいいのかはキャッシュフロー的に疑問ですが、非常に便利なツールには変わりないでしょう。

 

【EthereumYUM】

・出資ラウンド(2019/9現在): –

・資金調達額:-

・ポジションや提携について

もしご関心ある方いらっしゃいましたら、お気軽に下記のお問い合わせからご連絡を!

Explore More

Say hello to new Crypto Currency idol group, Kaso Tsuka Shojo

Crypto Currency is one of the hottest topics last year and it has taken the investment world by storm. From the onset, its values increased by fifty fold. Many are

DevCon参加企業⑤!クリプト訪ねて三千里:第196話 bZx

DevConはDeFiやEth2への移行、Layer2、Ethのスケーリング課題、が主なトピック。面白い人達とは会えてものの、セッションの中で、大きな収穫は今のところなしです。