ブラックスワン(Black Swan)とは、マーケットにおいて前もってほとんど予想できず、起きたときの影響が大きい事象を指します。すべてのスワン(白鳥)は白色と信じられていましたが、オーストラリアで黒いスワンが発見されたことにより、鳥類学者の常識が大きく覆された事象にちなんで、確率論や従来の知識や経験からは予測できない極端な事象が発生し、それが人々に多大な影響を与えることをブラックスワンと呼んでいます。

SwanDAI:https://devpost.com/software/swandai

Get exposure to DeFi black swan events via synthetic tokens

SwanDAIはDeFiにおけるブラックスワンをヘッジするためのツールを提供しています。全てがプロトコルで自動的に処理される仕様は安心である一方、何か不具合があった場合、一気に影響がシステム全体に波及するリスクも考えられます。

 

SwanDAIにおいて生成されるトークンを保持(Long)することで、トレーダーはDAIがドルペグから乖離した時にヘッジをできるような設計となっています。

 

具体的なリターンは下記の通り。

・DAIがドルから50%乖離した場合は、トークンの価格は100x。

・DAIがドルから13%乖離した場合、トークンの価格は2x。

 

【SwanDAI】

・出資ラウンド(2019/9現在): –

・資金調達額:-

・ポジションや提携について

もしご関心ある方いらっしゃいましたら、お気軽に下記のお問い合わせからご連絡を!

Explore More

エンタープライズ向けのBlockChainを提供する!クリプト訪ねて三千里:第255話 Kadena

12月 11, 2019 0 Comments 0 tags

DexやStaking As A ServiceをリリースしたりとDeFi方面においてもBinanceの動きは非常に活発です。直近ではDappの動きを分析するDapp.Reviewを買収し、取引所以外の布石を徐々に蒔いている印象です。