https://www.coindesk.com/learn/defi-analytics-how-to-use-data-to-make-smarter-investment-decisions/ こちらの翻訳版です。

DeFi投資において、知識は本当に力です。そのためには、信頼性の高いデータを入手することが重要ですが、なかなか難しいものです。分散型金融(DeFi)への投資では、質の高い情報を入手することが重要です。これは、特定のトークンの日々の取引量の特定から、様々なプラットフォームにおける最高の利回りの発見まで、あらゆることに当てはまります。
正しいデータがなければ、完全に運に頼ることになり、投資はギャンブルに近くなってしまいます。しかし、評判の良い正確なデータを入手するにはどうすればよいのでしょうか。

DeFiデータの追跡
口座残高、何人の投資家が資金を出し入れしているか、取引所でどれだけの量が移動しているかなどに関連するデータを見つける場合、公開DeFiブロックチェーンから直接情報を引き出してこれらの洞察を提供するさまざまなツールが利用可能です。パブリックブロックチェーンに記録されたデータはすべて不変で、透明性があり、検証されているため、極めて正確であると考えられています。

ブロックチェーンエクスプローラー
ブロックチェーンの台帳全体のデータを公開しているサイト「ブロックチェーンエクスプローラー」は、素晴らしい情報源となります。イーサリアムならEtherscan、バイナンスのスマートチェーンならBscScanを検討してみてください。これらのサイトでは、フロントエンドのユーザーインターフェイスをバイパスして、ブロックチェーンのスマートコントラクトと直接対話することができます。

これらのサイトでは、特定のトークンの重要な部分を保持している個々のアドレスの数や、それらのウォレットがどれほどアクティブであるかなどを確認できます。これらの重要な洞察は、教育的な投資決定を行うために使用することができます。

DeFiダッシュボードとウォレットトラッカー
ブロックチェーンエクスプローラーは素晴らしいデータソースですが、特に新しい暗号資産ユーザーであれば、ナビゲートや理解が難しい場合があります。頭痛を伴わずに正確で粒度の細かいオンチェーン分析が必要な場合は、CoinMetrics、Skew、Glassnodeなどのサイトに向かうとよいでしょう。これらのサイトは、初心者レベルの投資家がアクセスしやすい方法で、デリバティブの正確なデータを含む、暗号通貨市場に関する信頼性の高いメトリックを提供しています。

特定のウォレットやトークンを深く掘り下げたい場合は、Nansenの「トークン・ゴッド」モードであらゆるトークンを分析でき、「ウォレット・プロファイラー」でパフォーマンスの高いウォレットをフォローすることができます。

Dune Analyticsは、最新のDeFiプロジェクトに関するダッシュボードの重要な場となっています。コミュニティが作成したダッシュボードには、例えばOpenSeaの取引データ、ガス料金の分析、Curve Financeのユーザー数に関するデータが含まれることがあり、暗号通貨市場を理解しようとする際に有用である。ただし、これらはコミュニティのメンバーによって作成されているため、データが不正確である可能性があることに留意することが重要です。したがって、データのニーズを満たすためにこれらに全面的に依存しないことが最善です。

ウォレットとNFTトレードの追跡
CryptoSlam!のようなサイトは、非代替性トークン(NFT)追跡のための人気の場になっています。CryptoSlam!はNFT取引に特化しており、トップパフォーマンスのコレクションを追跡することができます。ContextやNansenのようなサイトでは、パフォーマンスの高いウォレットを追跡できます。Lucky Traderやrarity.toolsは、Bored Apeのサングラスがどれだけレアかといった、NFTのメタデータに関する情報を提供しています。

分散型金融の市場規模を評価する
DeFiに投資する際、もう一つ必要なことは、自分が買おうとしているものが何であれ、その市場規模を評価することです。これには主に2つの指標がありますが、それぞれに限界と注意点があることに留意する必要があります。つまり、これらは必ずしも上記の選択肢ほど信頼できるものではなく、正確なデータポイントとしてよりも、おおよその指標として使用する必要があります。

DeFiトークンの時価総額を計算する
最初の指標は、特定のDeFiコインの時価総額です。これは、流通しているすべてのコインに、コインの直近の価格を掛け合わせたものです。ほとんどの価格集計サイト(異なる取引所から価格をスクラップして暗号通貨の平均価格を計算するサイト)は、DeFiのカテゴリに専念しています。

CoinMarketCapとCoinGeckoが代表的です。DeFi市場全体の時価総額は、2つの価格集計サイト間で大きく異なっています。CoinGeckoはDeFiの時価総額を1460億ドルとし、CoinMarketcapは1650億ドルとしている(報道時点)。この相違は、DeFiコインを構成するものの違いに起因している可能性があります。CoinGeckoのページではDeFiコインの上位100枚のみを掲載しているが、CoinMarketCapでは537種類のプロジェクトが計算に含まれています。

特定のコインの時価総額は通常、価格集計サイト間でかなり一貫しており、不一致がある場合は、集計サイトが価格計算機に含める取引所や流通供給量の精度に起因している可能性があります。ただし、時価総額には、キーが失われて久しいウォレットに保管されているようなアクセス不能なコインも含まれるため、時価総額の信頼性はやや低くなることを覚えておいてください。

トータルバリューロック(TVL)の計算
もう一つの重要な指標は、「total value locked」(TVL)です。これは、あるDeFiプロトコル内にどれだけの暗号通貨がロックされているかを示すもので、通常、利回りを得るためにステークされているものがこれにあたります。DeFiトークンの価値への投機にほとんど興味のない投資家にとって、TVLはDeFiプロトコルの金融サービスがどれだけ普及しているかを測るのに有効な指標となります。

多くのサイトが、様々なプラットフォームのTVLを計算しようとしています。代表的なものは以下の通り。

  1. DeFi Pulse
  2. DeFi Llama
  3. DappRadar

繰り返しになりますが、これらのサイトで報告されているTVLはまた非常に異なっていることがわかります。例えば、DeFi Llamaでは、ステーブルコインに適したDEX CurveのTVLが212億ドルであるのに対し、DeFi Pulseでは105億3000万ドルと、約半分のTVLを記録しています。DeFiプロトコルのサイトに行くと、表示されている数字も全く違うことが多いです。

DeFiレンディングプロトコルのCompoundは、約100億ドル相当の暗号が現在スマートコントラクトで利息を得ていると言っていますが、DeFi Pulseでは65億ドル、DeFi LlamaではCompoundが約68億5000万ドルをそのプロトコルに閉じ込めていると書いています。これは、各サイトがTVLを異なる方法で計算しているためで、例えば、借りたローンと発行したローンの「ダブルカウント」を避けるように選択している場合もあります。したがって、それぞれの統計は、異なるストーリーを語っていると言えるでしょう。望むデータを得ているかどうかを把握させるために、それぞれの特定の計算を掘り下げる必要があります。
どちらを使うにせよ、最も重要なのは、同じTVLデータソースを一貫して使用することです。異なるソースのTVLを混在させると、特定のプロジェクトに参加すべきかどうか判断するときに、混乱が生じる可能性があるからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

仮想通貨業者向けの決済ゲートウェイ!クリプト訪ねて三千里:第259話 Simplex

12月 15, 2019 0 Comments 0 tags

Binance USのCEOであるCatherine Coleyへのインタビュー。まだまだクリプトにおいて”機関投資家レベル”のインフラは何一つ整っておらず、現在のBTCの価格も流動性的な観点からみると充分に正当化できると言い難い、と中々切り込んだ模様。

クリプト訪ねて三千里:第28話 Grid Plus

gridplus
4月 28, 2019 0 Comments 1 tag

今回は、ConsenSysが始めた初期のプロジェクトの中で、実社会の為に役立つプロジェクトかつ実際にユースケース以上の結果を出して既にテキサスでは本格的にスタートしているGridPlusをご紹介いたします。