ゲームエコシステムは、NFTをはじめとするブロックチェーンイノベーションの採用の最前線にあります。しかし、ブロックチェーンの採用を促進する上で、プレイ・トゥ・アーンのゲームモデルが与える影響にもかかわらず、ほとんどのゲームプロジェクトのモデルにより、高い批判を受けてきました。

ブロックチェーンゲームは、ゲームをプレイすることでより多くの収入や利益を得る機会を得るために、ゲーム体験の質を犠牲にしていると考えられています。これは真実なのでしょうか?ブロックチェーンゲームの進化に伴い、このシナリオは変わりつつあります。

モノポリー・ミリオネア・ゲームは、海洋をテーマにしたゲームで、島の建設、栽培、射撃など、さまざまな要素が含まれています。このゲームはBSCチェーンのGameFi-NFT P2Eモデルに基づいており、ゲーム内で海洋生物を狩ることでMMGトークンを入手することができます。

ゲームにはガバナンストークンであるMMC、ゲームトークンであるMMG、ゲーム内NFTであるCannonの2種類のトークンがあります。公式報告によると、「モノポリー・ミリオネア・ゲーム」は5月25日に先行発売されます。NFTを保有することで、プレイヤーは海洋生物を狩るゲームに参加し、P2EでMMGを獲得することができます。

ゲームをプレイするためには、金貨を消費し(ゲームのコンセプトである体力と同様)、砲弾を発射します。ゲームでは、インタラクティブなデータ(ゲームの長さや狩った対象物など)とアルゴリズムに基づいて、ユーザーに賞($MMG、金貨、謎の宝箱)を与えます。ゲーム賞の数は、キャノンNFTの資質とゲームデータに比例します。ゲームの報酬システムを理解すれば、そのゲームに適したCannon NFTの見つけ方も理解できるはずです。

MMGの詳細情報

MMGには、NFTのライフサイクルメカニズムに基づく経済モデル、Project Defiの配当、$MMGの出力という、異なる稼ぎの手段・モデルがあります。この3つのモデルにより、すべてのプレイヤーに秩序あるP2Eの方法が保証されます。

また、キャノンNFTには8つの星レベルがあり、各星レベルには、$MMGのリターン、ギフト用金貨、ライフサイクルが明確に対応する。これに加えて、MMGのゲーム環境の中で最も高い還元期間が決まっており、キャノンNFTを所有するゲーマーは、ログインすると毎日DeFiを獲得することができます。

さらに、ゲーム内に内蔵されたフィッシュポンド(資金プール)からの収入もあります。フィッシュポンドの資金は、現在のNFTミステリーボックスの収益の120%(MMGで精算)に相当します。その20%は “プロジェクトパーティーガバナンスのトークン配当+セカンダリーマーケットのサービスコストなど “で賄われています。

MMGはデュアルトークンという経済アーキテクチャで運営されており、先に説明したように$MMCがガバナンストークン、$MMGがゲーミングトークンとして機能する。

ただし、$MMCの発行総額は1億円で、配当のステーキング、投票のガバナンス、NFTの合成、ゲーム内アイテムの購入などに使われ、それに対して$MMGは10億円で、ゲームのアウトプットやバーニング(ミステリーボックスの売上の9割はバーニング)に使われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

NFTのマーケットプレイス!クリプト訪ねて三千里:第326話 Makersplace

JP MorganのQuorumチームがConsenSysに統合される予定。Ethが先週上昇した主な要因としても挙げられていますが、ファンダ的にはビッグニュースと言うほどでも無いでしょう。以前はEthマフィアとして業界で幅を利かせていましたがDeFiの波には少々遅れている印象。