・アパレル大手ブランドのNIKEが、”.Swoosh”と呼ばれるweb3プラットフォームを開設すると発表。.SwooshではポリゴンベースのNFTが提供される

・NIKEはWeb3開発会社のRTFKTを2021年に買収しており、デジタルスニーカーNFTをEthereum上でリリースしている

 

ナイキは、2021年後半に買収したNFTとデジタルアパレルのスタートアップであるRTFKTを通じて、Web3におけるファッション界の最大手の一人となっており、このアパレル大手も徐々に自社ブランドをweb3業界に持ち込んできている。そして今、ナイキは新しいプラットフォーム、.Swooshの立ち上げにより、その取り組みを強化することを目指している。

 

.SwooshプラットフォームはWeb3を中心としたNIKEのデジタル活動の中核となるもので、NIKEのNFTやバーチャルアパレル製品を中心に、顧客が製品の共同制作者となって、収益も共有できる仕組みとなっている。

 

NIKEは、このプラットフォームをハブとして、Web3ゲーム内で使用できるアバター用のTシャツやスニーカーなどのバーチャル・アパレルを発売する予定だ。また、Web3技術を利用して、限定アパレルやプロスポーツ選手との面談など、現実世界での特典をユーザーが獲得できるようにする。他のNFTの人気プロジェクトには、Adidasのものもあり、物理的なアパレルや現実世界での特典が用意されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!