現在、約310億ドルのADAのステーキングがされています。カルダノがプルーフオブステークのブロックチェーンであり、他の暗号通貨よりもマイニングに消費するエネルギーは少ないです。現在、カルダノは1.2ドル近辺で取引されていますが、数週間後、数年後にはどのような価値になっているでしょうか。価格がさらに高くなる可能性のある根拠は、アフリカでの地位が確立されていることです。カルダノの開発者たちは、6月にタンザニアの地方自治体を訪問し、協力関係について話し合ったとのことです。

OHKのカルダノ開発者は、エチオピアとタンザニアの政府とのパートナーシップ契約を発表しました。しかし、IOHKのアフリカ事業担当ディレクターであるジョン・オコナー氏によると、タンザニアとの提携よりもさらに大きな契約が予定されているとのことです。これは、現地政府とビジネスセクターのコラボレーションの可能性が高いと考えられています。タンザニアでの合意は、ワールド・モバイルと協力して、スケーラブルなインフラを開発することに重点を置いています。この構想は、タンザニアにモバイルインターネット接続とデジタルIDを提供することを目的としています。社会経済成長の基盤となるものですが、内容についてはノーコメントとしています。しかし、内容については決済とオープンファイナンスに関するものであることを明らかにしたため、さらに100万人のユーザーがカルダノのネットワークに参加すると予想されています。

カルダノは最も活発に開発されている暗号資産です。カルダノのコミュニティ主導のプロジェクト「Catalyst」では、56のプロジェクトに資金提供が行われ、それぞれが5千ドルから3万5千ドルの範囲で資金提供を受けました。その中には、NFTに対応した既存の機能をアップグレードすることで、カルダノのエコシステムを強化することに焦点を当てたものもあります。また、アフリカにおける暗号通貨の存在感に焦点を当てるものもあります。カルダノのCEOであるCharles Hoskinsonは、カルダノベースのステーブルコインの可能性を示唆しています。

これまでのところ、カルダノの投資ファンドは、暗号セクターの他のデジタル資産よりも多くの資本を集めています。また、個人投資家の間でカルダノの人気が高まっていることで、機関投資家のこの暗号通貨への関心も高まっています。
カルダノは、時価総額で5番目に価値のある暗号通貨としてリストアップされています。個人がADAトークンを取引し、保有することで最大8%の利益を得られる可能性があるため、個人にはADAトークンを保有するインセンティブがあります。カルダノの将来見通しは明るいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第596話からのターン。バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきます。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!