BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考える筆者が、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムです!その日目に留まった記事も幾つかピックアップしてお届けします!

勝手にピックアップ。今日のクリプト界隈の出来事。

 

・ING BankがFATF基準のクリプト追跡ツールを開発(Coindesk)

FATFが提示したトラベルルール批准に向けて、オランダを拠点に置くING Bankが具体的な施策を提案しました。Standard Chartered Bank、Fidelity Digital Assets、BitGoらと共同研究で開発した模様。

 

⇒今まで殆ど具体的なマニュアルが作成されてこなかったトラベルルールが一挙に加速しそうな予感です。これが推奨されれば各クリプト取引所での導入が義務化され、より一層厳しいコンプラ基準がユーザーにも課される見込み。

 

・Bitflyer USの幹部が取引を煽る他取引所を批判(Coindesk)

先日Robinhoodで取引をしていた若者が負債を抱えて自殺したことが大きく取り上げられたことを受け、Bitflyer USのCOO Edgerton氏は高レバを謳う取引所等を批判。

 

⇒個人的には批判は的外れで、BinanceやBitMexらへの指摘はお門違いだと考えます。オフショアの取引所を利用する上でリスクを認識する場面は多く、それを踏まえて取引をするということは責任の所在が個人にかかる部分が多いです。

 

今日のスタートアップ・ハント!

Celebrity Future:https://github.com/bryanjcampbell1/CelebrityFutures

A market to bet for or against the future potential of high-profile individuals.

 

Celebrity Futureはその名の通り芸能人の浮き沈みにBETすることができる未来予測市場。指標となるのはSpotifyの人気スコア、それをChainlinkでオンチェーン上に持って来て、UMAの合成トークンを生成し、分権的なプラットフォームを展開しています。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!