FATFによるトラベルルールの概要が少しづつ明るみに出てきたみたいです。基本的に全てのトランザクションを追うのではなく、大きな額の移動については送金元、先の照合等を行い、MLを防ぐ試みとのこと。

Paystand:https://www.paystand.com/

Leading cloud-based billing & payment platform for B2B companies.

PaystandはPaypalにアーリーステージにおいてリード出資したことでも有名なBlueRun Venturesをラウンドに加えたシリーズBにおいて$20M程集め、より決済周りのツールを充実化させる動きを見せています。またBlockchainを活用した証明方法でセキュリティの高いシステムを謳っています。

彼らの商品は2つ。

 

決済代行:

各事業者ごとのソフトウェアに適した決済画面を導入。APIで簡単に導入することもでき、White Labelによるカスタマイズも可能。

決済における会計・アドミンプラットフォーム:

BackOffice向けの決済を管理するDashboardを提供。ユーザーからの決済状況だけでなく、事業社からの支払いについても簡単に管理できるツールを開発しています。

 

PaypalやVenmoといった決済サービスが既に充実しているようにも思えますが、まだまだ改善・開拓の余地はある模様。特にBackOffice側のツールについては、ややこしさが拭えず、ユーザビリティが高いとはまだ言えないため、新規参入の余白が充分あると思います。

 

【Paystand】

・出資ラウンド(2020/1現在): Series B

・資金調達額:$28.3M

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

ユニバーサルIDでオンラインに信用を!クリプト訪ねて三千里:第353話 Credify

3月 18, 2020 0 Comments 0 tags

Phemexというシンガポール拠点のクリプトデリバティブ取引所がシリーズAにて$3.5Mを集め、バリュエーションを$50Mとしたそう。名を聞かないだけにちょっと過剰評価なような気も。一方でKrakenはFXへ参入。クリプトだけでなく、より広いカバレッジの商品を取り扱うという意図。最近クリプト取引所でもFXを導入する所が増えてきました。あまり良くない感じ。