Coinbaseが、盗まれたクリプトの経由点となりながらも、その送金を止められなかったことで1億円の賠償金を支払うことで合意。事の経緯としては、Cryptsyという取引所で盗まれたBtcとLtcがCoinbaseを経由してマネロンされたということ。不正なトランザクションを検知して、止めることが取引所の義務として今後も求められていく判例となる可能性があります。

Civic Wallet:https://www.civic.com/wallet/

Your identity. Your money. Your choice.

Blockchainで分権的にIDを発行、管理するプラットフォームを構築しているCivicですが、最近は独自のウォレットをかなり推しています。従来のウォレットとは異なり、Onfidoを活用したKYCでウォレットの持ち主を明確にしますが、おそらく各国このようにウォレットのKYC化へ舵を切っていくのだと思います。

 

【Civic】

・出資ラウンド(2020/1現在): Seeds Round

・資金調達額:$35.8M

・ポジションや提携について

もしご関心ある方いらっしゃいましたら、お気軽に下記のお問い合わせからご連絡を!

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

まるでゼロ知識証明!?送金元・先のみがトランザクションを確認できる。クリプト訪ねて三千里:第441 話 Umbra App

Facebookを題材にしたSocial Networkで一躍話題になったウィンクルボス兄弟ですが、遂に彼らを主題にした映画が製作されることに。元は彼らが出版したBitcoin Billionareという本。まだ本を読んでいないので全く内容が分かりませんが、絶対みます。