On/Off LampというクリプトとFiatの折衷点を整備する上で、様々なステークホルダーと連携を同時にとる必要があります。銀行、カード会社、加盟店、決済のプロセシング事業会社、交換業者、その他。様々なデバイスや事業社間で連携して、情報を送受信するシステムが必要です。小売りの決済において主導するFrexa、その展開も楽しみです。

VendETH:https://devpost.com/software/vendeth

Guarantee your survival with VendETH forever!

VendETHはクリプトでの決済を可能にするmPOSを開発しています。

ユーザーは自分のウォレットからクリプトを支払うと、小売り店舗で取り扱っている商品を購入できるという訳です。裏ではCoinbaseのAPIと繋がっており、クリプトからFiatに換金されます。KYCがどうなるのか、決済がどのくらいで承認されるかは不明ですが、面白い取り組みです。

 

【VendETH】

・出資ラウンド(2019/9現在): –

・資金調達額:-

・ポジションや提携について

もしご関心ある方いらっしゃいましたら、お気軽に下記のお問い合わせからご連絡を!

Explore More

実経済の資産をDeFiへ!クリプト訪ねて三千里:第426 話 Centrifuge

Bitcoinネットワークが遅延する主な理由の1つにBitMexの送金スケジュールがあるというCoindeskによる報道。たしかにBitMexは一日一回、数千ものトランザクションを一挙に実行します。その為、その時間帯のトランザクション手数料が跳ね上がる、と。幸い原因がはっきりしているのと、トランザクションを散らすような仕様は既にあるので問題はないでしょう。

キュラソー島におけるDAOの取り組み!クリプト訪ねて三千里:第304話 CuraDAO

米国、オクラハマ州でもクリプトに特化したデポジタリーサービスの枠組みを設けようという動きがあるみたいです。ワイオミング州では、これに先んじてSPDI(Special Purpose Depositary Institution)の法規制を整備して申請を受理し始めています。