さて、今回も前回に続いてタックスヘイブンを紹介していくが、今回はEUによって公式に発表されているタックスヘイブンのブラックリストに記載されているタックスヘイブンを扱っていく。以前紹介したケイマンやBVIは、このブラックリストには載っていない。

このブラックリストは、2017年12月に発表されたのち、何度かアップデートされている。ケイマン諸島は2020年2月にリストに追加され、同年10月にリストから削除された。BVIは一度もリストに追加されていない。

現在、リストは次の12か国によって構成されている。

US領サモア、アンギラ、バハマ、フィジー、グアム、パラオ、パナマ、サモア、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス諸島、US領バージン諸島、バヌアツ

そして驚くべきことに、リストの3分の2がアメリカ叉はイギリスと深い関係を持っている。

イギリス:タークス・カイコス(海外領土)、アンギラ(イギリス領)バハマ, フィジー, トリニダード・トバゴ(イギリス連邦加盟国)、

アメリカ:US領サモア, US領バージン諸島(自治領)グアム(米国準州)

 

そして今回は、パナマ文書でも有名なパナマの仕組みをみていく。パナマは、北アメリカ大陸と南アメリカをつなぐ陸地であり、国際貿易の要所であるパナマ運河が通っている。パナマは外国での活動を主とするオフショアカンパニー/投資家に対して、所得税、法人税、キャピタルゲイン税、相続税を課していない。しかし、これは前述のとおり外国での活動が主である場合であり、現地でビジネスを行った場合は税金を納める必要がある。

そして、パナマがタックスヘイブンとして好まれるもう一つの理由が、高い機密性である。オフショアカンパニーや信託、財団の設立に関する書類には、機密性を担保する非常に厳しい法律が制定されている。機密漏洩の場合には刑事罰まであるほどだ。さらに、銀行取引に関する機密性も高い。パナマの銀行は、裁判所からの指示があった場合を除き、オフショアカンパニーの口座とその保有者に関する情報の一切の共有を禁止されている。この高い機密性が、多くの会社や富裕層の資産を隠すのに最適な環境を提供している。

これまでは、タックスヘイブンと呼ばれる国々を紹介してきたが、では実際に大企業や富裕層はこれをどう活用して節税を行っているのだろうか?次回は、実際のケースを解説しながら、タックスヘイブンの活用方法について紹介していく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第1338話から。執筆者の事業展開を定期的にご報告します。DAO「分散型自律組織:ブロックチェーン上で世界中の人々が協力して管理・運営される組織」の考えの下、金融、ウェルスマネジメント、暗号資産、DeFi、NFTのビジネスのネタをお届けします。独創性あふれる生きた情報をお届けいたします。コラボ歓迎!!執筆者への個別メッセージも可能です。どの執筆者宛かを記載し、内容とともにhello@blockrabbit.ioに直接コンタクトを下さい。*フォーム問い合わせでもリーチ可能です。

第924話~第1337話まで。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場!ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙な情報をお伝えしてきました。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

第1話~第595話まで
現在の実体経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

分散型台帳とブロックチェーンの違い

9月 8, 2017 0 Comments 2 tags

ブロックチェーンは、分散型台帳のうちの1つですが、新しい分散型台帳は今も出てきています。分散型台帳は、組織間で共有されるデータを進化させてコントロール可能としたデータベースです。今回は、手の平サイズの早見表としてまとめました。

[Little Monster Inc. × Monday Capital] 2019年1月31日開催 ブロックチェーン講義 最終回 at 茨城大学

2月 16, 2019 0 Comments 0 tags

皆様こんにちは!BlockRabbit編集部です! 先日、早いもので茨城大学でのBlockchain講義が最終回を迎えましたのでその様子とこれまでの3回の講義を振り返りながら最終プレゼンテーションの様子をお届けします!

クリプト訪ねて三千里:第1052話
Build Financeの乗っ取り. DAOの脆弱性

2月 18, 2022 0 Comments 0 tags

About Latest Posts CK Latest posts by CK (see all) クリプト訪ねて三千里:第1357話シンガポールの新ファンド形態VCC - 3月 5, 2023 クリプト訪ねて三千里: […]