みなさま、こんにちは!NYのスタートアップらを毎日取り上げるコラム『クリプト訪ねて三千里』です。引き続きConsenSysというNYのBrooklynに拠点を置くEtheruem系最大の団体が支持するスタートアップらを取り上げていきます。今日はGITCOINというスタートアップをご紹介していきたいと思います!

GITCOIN: https://gitcoin.co/

OSS開発に寄与して、スキルを磨き、人脈を築き、報酬を貰おう。

 

大方の場合、OSS(オープンソースソフトウェア)のメンテナンスは、コミュニティにいる0.01%のデベロッパーによって行われています。そんな非持続可能な状況を打破するべく、GITCOINは生まれました。

彼らが提供するOSSを支援するプロダクトは4つ。

BOUNTIES:タスク投稿 / フリーランス案件探索プラットフォーム

→タスクの投稿、フリーランス案件の探索掲示板です。OSSの開発管理が容易に行えて、貢献者らもしっかりと報酬を受け取るシステムが確立されています。

 

CODEFUND:開発者向け広告プラットフォーム

→独自のアルゴリズムによって精度の高いセグメントが可能となっており、より精度の高い広告を打つことが可能です。また広告はユーザーをトラッキングすることはなく倫理的にも優れています。

 

KUDOS:感謝の新しい表現方法

KUDOSはGITCOINメンバー間で感謝の印を表したり、また自分の貢献度、スキルセットを表現することができるメダルのようなものです。KUDOSはまたマーケットで取引可能となっています。

 

GRANTS:プロジェクトへの投げ銭サービス

単なる投げ銭だけでなく、アイデアの共有やコミュニケーションを開発チームと取ることも可能です。

 

一つ一つが大変ユニークで、まとめて紹介するのは非常に勿体無い面白いスタートアップなので、明日から1つずつ紹介させていただきます!

まずは第一弾BOUNTIESから!乞うご期待。

Tags:

Explore More

クリプト関係者はお気に入り必須の超便利なライブラリ!クリプト訪ねて三千里:第274話 Block123

US政府が、押収したクリプトの資産評価額をCoin Market Capのデータで算定していたという報道。取引所の取引データに関して正確性が指摘される同社のデータを引用している点がうーんといった感じです。