みなさんこんにちは。ニューヨーク在住のIchiroです。

4/21の記事で申し上げたように(相場分析27+バイナリーオプション2)、フィボナッチリトレースメント23.6%のレジスタンスラインを突破しましたが、その後はどっちつかずで動きがありません。日足チャートで確かめてみます。

(4/28/2018 9:00頃 at NYC 日足)

下の水色横線が、フィボナッチリトレースメント23.6%の線になります。一旦はレジスタンスラインを突破しましたが、反落してその後は動きがない状態です。

現在はレジスタンスラインの下側に位置しています。しかしMACDは一応ゴールデンクロスしています。どちらに行くかはっきりしませんね。来週始めも様子見になります。日本ではゴールデンウィークですが、その影響は私にはよく分かりません。

こういう動きのない相場ではエントリーチャンスは少ないです。次に4時間足を観てみましょう。

(4/28/2018 9:00頃 at NYC 4時間足)

黄色の縦線は、4/23 0:00 – 4/2 20:00になります。

白い縦線の所でレジスタンスラインを突破しています。ここで買いエントリーできると思います。ただ、ピンクの縦線の所で決済すると、大きく下落しているのであまり利益になりません。

水色の縦線ではレジスタンスラインを再び割り込んでいます。一旦上方向に突破したレジスタンスラインを再び割り込んで反転下落するのはよくあるパターンです。また、少しオーバーシュートして押し目を作って再び上昇することもまたよくあるパターンです。従ってここでのエントリーは難しいと思います。

その次の陰線の終値なら売りエントリーできると思いますが、週の始め付近の直近安値がすぐ近くですので、あまり利益にはなりそうにありません。

もう少し短い時間足で観てみましょう。

(4/28/2018 9:00頃 at NYC 1時間足)

赤い線はEMA20で、青い線はEMA200です。白い縦線の所では、戻り待ちの後の下落で赤い線を割っています。またMACDもデッドクロスしています。従って売りエントリーできると思います。そして陰線が5本連続した後の陽線(ピンクの縦線)で決済すれば利益が獲得できます。

私はそもそもFXの兼業トレーダーで、いつもは時間の制約があり、NYC時間の午前2:00から午前4時(日本時間午後3時から午後5時)までの2時間しかトレードができません。(おまけにロンドンが開く前の中途半端なヨーロッパ時間です)従って5分足や1分足を使ったスキャルピングトレードを行っています。

今までの相場観察によりますとBTCUSDはテクニカル分析が有効ですので、上記時間帯中にスキャルピングトレードを試してみたいと思います。(デモ口座ですが。バイナリーオプションは始めるのにまだ時間がかかりそうです)

それでは次回またお会いしましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Explore More

もう取引所は古い!海外で話題のchangelly(チェンジリー)で仮想通貨の両替がお得すぎ!

チェンジリー

あまりまだ日本では知られていない彼等のオススメの仮想通貨通しの両替サービスのチェンジリー(changelly)ご紹介いたします。手数料はもちろんかかりますが、凄く手数料が他と比べてお得だし、簡単に両替できるのでとってもオススメです。

BitMexのLeaderBoard常連!クリプト訪ねて三千里:第419 話 Alameda Research

Signature Bankの2020年Q1の売上が前年比で30%減とのこと。主要な米銀が40~50%の下落を記録する中、比較的影響が少ないという見方もできますが、クリプト業者のオアシスである同銀がつぶれる事だけはあってほしくない。

ニンジャトレーダーで仮想通貨のバックテストをしよう

皆さま、こんにちは。クリプトトレーダーです。本日のテーマは「ニンジャトレーダーで仮想通貨のバックテストをしよう」です。ニンジャトレーダーとは、トレーディング業界で老舗とも言うべき自動売買プラットフォームで、主に米国先物に強いツールです。