みなさんこんにちは。ニューヨーク在住のIchiroです。

先週はずっと下落でした。私は仮想通貨の現物取引のことはよく分かりませんが、複数種類の仮想通貨間で交換を行いながら値上がりが期待できる通貨で利益を狙う、というようなことを耳にしています。でも相場が下がると基本的に資産が目減りしますので大変ですね。

先物だと売りからも入れるので、例えば先週の相場は利益を狙うことが可能でした。

まず日足チャートをご覧下さい。 (4/1/2018 14:30頃 at NYC 日足)

先週はほぼ下げ一辺倒で、200日移動平均線もあっさりと割り込みました。先々週の終わりあたりで下落のトレンドラインが形成されましたので、先週の始めから下落を狙ってエントリーしやすかったと思います。一番下の水色の横線、直近安値で長い下ヒゲを持つ陽線の足の安値までは下落が続きそうです。そこからは注意が必要ですが、どうなるかは見当がつきません。仮想通貨の広告を扱わないメディアが出てきたりして逆風が吹いているので、一旦小反発してもまた下落するのでしょうか。

次に4時間足を見てみます。 (4/1/2018 14:30頃 at NYC 4時間足)

黄色の縦線は、3/26 0:00 – 3/30 20:00になります。

白い縦線ではあっさりとレジスタンスラインを割り込んでいるので、このタイミングで、売りでエントリーしたら勝てましたね。特に左側の縦線の所では、エントリー後トレンドラインをブレイクするまでポジションを持ち続けていたら、結果として先週の下落を殆ど取ることができました。

ピラミッティングなども可能であったと思います。

話を日足に戻すのですが、結局は壮大な「行って来い」相場になっています。

仮想通貨はどうなっていくのでしょうか。

それでは次回またお会いしましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Explore More

Profit Sharingをスマコンで表現したレンディングプラットフォーム!クリプト訪ねて三千里:第198話 Enable

Libraから多くのビッグネームが脱退を表明し、CFTCの議長がETHがコモディティであるという言及があり、BitwiseのETFが(いつも通り)拒否され、TelegramのICOに待ったがかかり、色々な示唆を得られる一週間でした。ポジティブともネガティブとも言えないファンダですが、そろそろブレイクスルーが欲しいところです。

相場分析 12 / 元旦早々

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 年末年始は完全に相場から離れていました。なので早速相場分析に行きましょう。