DeFiの収益は、6月に急増して以来、400万ドル未満で推移していたが、11月9日に825万ドルに急増した。この収益の急増は、FTXの破産が多くの中央集権的な機関への不信を引き起こした直後に、DeFiの利用が急増したことによるものです。

イーサリアムとビットコインの調整済みオンチェーンボリュームの7日移動平均は、1年以上ぶりにイーサリアムに有利な方向に反転している。7日移動平均の差は非常に小さいが、平均化されていないデータでは、イーサリアムのETHボリュームがビットコインのBTCボリュームを10億ドル以上上回っている。
FTXステーブルコインのホットウォレットへのUSDT+USDCの入金+出金は、先週の暴落のストーリーを示しています。通常のパターンから、11月6日から8日にかけて出金が急増し、その後の予告なしの出金停止が終わりの始まりとなった。
FTTの先物取引量は、2021年9月の20億ドルに対し、11月9日には130億ドルに達し、それまでの史上最高を更新しました。多くの人が(当然のことながら)トークンをショートしていたようで、パーペチュアルのファンディングレートはHuobiで-3%まで低くなりました。
11月の調整済みオンチェーンステーブルコインの出来高は、新記録となる勢いであり、~$438 billはまだ月半ばでこの数字です。ステーブルコインは、FTXのフォールアウトにより価格がすでに下がり始めており、パンデミックが広がるにつれて下がり続けるかもしれないので、安全なオプションのように見えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!