Dappradarによると、第3四半期にDappsを牽引したのはゲームとNFTでした。

DeFi・インサイト・プラットフォームのDappradarによると、ブロックチェーンベースのゲームとNFT取引がQ3中のDapp採用の原動力となりました。Dappradarは、「Dapp Industry Report: Dappradarは、「Q3 2021 Overview」の中で、暗号産業におけるこれらの新しい活動の重要性が飛躍的に高まり、その過程で空間がより多様化し、競争が激化したと述べています。Defiも、SolanaやTerraなどのプラットフォームが成熟して、より多くのプロジェクトに対応できるようになったことで、後押しされました。

Dappradar 第3四半期はNFTとPlay-to-Earnが鍵を握る
Dapp Industry Reportによると、NFTとPlay-to-Earnのゲームは前四半期に業界にとって非常に重要でした。Q3 2021 Overview』をDappradar社が発表しました。同レポートによると、この分野はユニークなアクティブウォレット数で従来の分散型アプリを上回っており、昨今のこれらのツールの人気を証明しています。

Play-to-earnの動きは、第3四半期中に754,000以上のデイリーユニークアクティブウォレットを集め、他のより確立された分散型金融プロトコルよりも多くの活動を提供しています。この急増は、すでに16億ドル以上を動かしたブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」が前四半期に市場に乱立したことが一因となっています。また、NFTセクターも前例のない成長を遂げ、前四半期比で704%の値上がりを記録しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第596話からのターン。バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきます。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!