ポリゴンAaveの投資で稼ぐ方法

スマートコントラクトを搭載したイーサリアムの台頭により、私たちは分散型金融の新しい時代に突入しました。コミュニティがルールを管理します。人々は流動性を提供し、手数料を徴収し、借り入れの適格性は、収入やクレジットスコアに基づく個人的な評価ではなく、担保を提供することで得られます。
とはいえ、完璧なシステムではありません。イーサリアムは、手数料とスケーラビリティの問題に悩まされてきました。スマートコントラクトの実行には50ドル以上のコストがかかるため、少額の取引にはアクセスできず、現実的ではありません。

そこで、ポリゴンのようなプロジェクトが登場します。ポリゴンは、イーサリアムのスケーラビリティの問題を軽減するためのいくつかのソリューションを開発しており、その一つがMaticプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーンです。
Aaveは、EthereumのDeFiエコシステムの中で、より確立されたプレイヤーの1つであり、PolygonのMaticネットワーク上でサービスを開始しました。

 

Maticブリッジ
Maticはレイヤー2ソリューションです。使いたいお金をその先の通貨に変換する必要があり、出るときには元に戻すことができます。これが、レイヤー2チェーンの仕組みです。ポリゴンでAaveと取引するには、まずMatic Bridgeを介して資金を変換する必要があります。これは良い面もあれば悪い面もあります。一見、不便なプロセスに見えるかもしれませんが、これによって Ethereum の手数料や取引速度の遅さから逃れることができるのです。遊園地の例えで言うと、イーサリアムの「入場料」を支払う。そうすると、自由に移動できるようになり、イーサリアムの代わりにMATICを使って、より早く、安く取引ができるようになります。

クイックスワップ QuickSwap
ブリッジを通過した時点で、約90ドルのWETH(ラップト・イーサ)を持っているとします。すぐにQuickSwap(https://quickswap.exchange/#/swap)にアクセスして、自分のWETHをいくつかの他のコインに分割することが可能です。

MATIC-QUICK流動性プールに資金を提供し、インセンティブ付きの報酬プールからさらにQUICKを獲得することも可能です。

  1. 約10ドルのWETHをMATICに交換する
  2. WETHのうち約10ドルをQUICKに交換する
  3. MATIC-QUICKプールにリクイディティを預ける
  4. 得られたLPトークンをリワードプールに投入する

これらの取引はすべてスピーディで、コストもほとんどかかりません。同じ操作をイーサリアムのメインネットワークで行うよりもはるかに優れた体験となります。

Aaveに到達するには?
Aaveは最終目的地で、少量のUSDTとMATICを投資する予定とします。30ドルをUSDTに、残りのWETHをMATICにと、QuickSwapでの交換を2回行います。

Aaveに資産を預けると、クーポン付きのトークンを受け取ることができます。例えば、USDTを預けてamUSDTを受け取ることができます。あとでキャッシュアウトするときには、amUSDTを元のUSDTに交換して、その利子を受け取ることができます。
QuickSwapは、Aaveの「am」トークンにもう一つの価値(「v」は「value」)を加えるために「vam」トークンを導入することを発表しました。

  • それでは、このようにして得られた報酬の手順を見てみましょう。
  • 初期投資、AaveからARPを獲得
  • AaveからボーナスMATICを獲得
  • QuickSwapで “am “コインを賭けてボーナスQUICKを獲得
  • QuickSwapのDragon’s Lairにリワードを賭けることでさらにQUICKを獲得

Ethereum 2.0が導入されると、レイヤー2ソリューションがなくなることが懸念されましたが、全然そんなことはなく、QuickSwapやAaveの登場は、サブチェーンのベストの目的地としての地位を確固たるものにしています。
仮にレイヤー1のメインネットで手数料が問題にならなくなっても、これらのサブネットがなくなることはないでしょう。むしろ、Ethereum Worldへのオールアクセスパスのように、サブネット間を自由かつシームレスに行き来できるようになるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第596話からのターン。バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきます。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!