DeFiがヘルスケア業界に革命をもたらす5つの方法

コロナ禍を背景に、最近の分散型金融(DeFi)市場の成長は、ヘルスケア業界の状況を変える可能性があります。いくつかの例を見てみましょう。

1. 医療機器
医療機器のファイナンスやリースに関しては、現在、政府機関、銀行、保険会社など、誰もグローバルなソリューションを提供していません。世界中の医療システムがコロナ禍によって引き起こされ、悪化した課題への対応に苦慮している中、医療機器のリース・ファイナンスに関するプロセスを変える必要性があることは明らかです。

コロナ感染症の流行や医療環境の変化に伴い、遠隔診療やバーチャル・ケアは、医療を受けるための最も魅力的な手段となりつつあります。患者用の機器には、血圧計、グルコース・メーター、オキシメーター、体重計、さらには体温計などの機器があります。患者の遠隔監視を目的とした4G医療機器の流通は、慢性疾患を持つ患者が自分の健康をコントロールするために必要な機器を提供します。これにより、管理者、施術者、患者が、効率的かつ信頼性の高い方法で一堂に会することができます。医療機器のリースに分散型ソリューションで資金を提供することで、患者の予後を改善し、透明性を促進することができます。

X線装置、コンピュータ断層撮影装置、磁気共鳴画像装置、さらには専門的な医療用家具などの専門的な機器も必要です。これは、コミュニティクリニック、遠隔地の診断ラボ、完全に自動化されたウォークイン診断センターの持続的な成長を見れば明らかですが、これらすべてに資金が必要です。DeFiを活用することで、医師と患者の双方がグローバルかつ容易にアクセスできるデバイスファイナンスソリューションを見つけることができます。

2. 中小企業の多様化
融資へのアクセスは、多くの中小企業にとって参入の大きな障壁となっています。他の多くの業界と同様に、業務用機器の融資は、規模の経済性から大規模な機器メーカーには豊富に用意されていますが、中小企業には同じ機会が与えられていません。その結果、市場に参加する中小企業が減少し、顧客の多様性が失われ、業界の競争が衰退しています。中小企業のメーカーは、分散型金融によって顧客に新たな金融オプションを提供することができ、顧客の最終コストをさらに下げ、顧客や実際に医療施設が手頃な価格の医療機器を利用できるようになります。

3. 充実したヘルスケアコミュニティ
DeFiはヘルスケアソリューションにとって大きな市場機会を提供しますが、ヘルスケア業界にとって大きな可能性があるにもかかわらず、これまで両者の統合についてはほとんど語られていませんでした。現在、コミュニティ・サービス・プロバイダーは、キャッシュフローを増やすための資金調達を非常に必要としています。まず人々にサービスを提供し、次に政府に請求し、180日かかることもある支払いを待つというニーズがあります。(※米国ではこのような後払い請求システムであり、日本ではあてはまりません。)

これでは、もし融資が受けられたとしても、法外な金額を支払うことになってしまいます。従来の金融では、ヘルスケア業界のステークホルダーのニーズに応えることができませんでしたが、分散型金融を利用してヘルスケアを民主化することで、患者の予後を改善し、業界の透明性を高めることができます。ユーザーの参加方法が増え、プロジェクトへの自律性が高まります。ユーザーはトークンをステークすることで参加でき、コミュニティ投票に参加することができます。

4. 保険
医療保険分野は、世界の多くの地域で論争の原因となっており、ケアへのアクセスの不平等に大きく寄与しています。DeFiをヘルスケアに活用する分散型自律組織(DAO)は、コミュニティに力を与えることでヘルスケアを民主化する可能性を秘めています。

健康保険をDeFiモデルに基づいて運用することで、患者、医師、政府、医療機関など、すべてのステークホルダーに利益をもたらす新しい可能性が医療業界に生まれます。例えば、医師は自分のニーズに合った医療過誤保険モデルに資金を供給するための資産プールを作ることができますし、同様に、患者自身が中間業者を排除したグローバルな保険プールを作ることもできます。多くの場合、治療費が高額になったり、治療の待ち時間が長くなったりするのは、こうした中間業者のせいです。つまり、健康保険をDeFiモデルに基づいて構築することで、人々が必要とする医療を、より手頃でアクセスしやすく、平等なものにすることができるのです。

DeFiを医療業界全体に適用することで、最終的には患者、医師、医療機関に利益をもたらします。消費者向け医療機器や教員向け医療機器、医療研究、医療過誤保険などの分野では資金が不足しており、これらはまとめて医療業界に大きな課題をもたらし、患者のケアを低下させる結果となっています。

DeFiをヘルスケアに活用するDAOは、コミュニティのために価値を創造し、持続可能なリターンを生み出すプロジェクトを、透明性の高い方法で選択して資金調達する力をコミュニティに与えることで、ヘルスケアを民主化する可能性を秘めています。DeFiは、ヘルスケアプロジェクトに革新的な金融ソリューションを提供すると同時に、これまで以上に必要とされているヘルスケアへのアクセスと有効性を向上させることを目指しています。

5. 創薬・研究資金
DeFiは、創薬や研究費の支援という点で、大きなチャンスを提供します。多くの病気は、利用可能な処方や研究に関しては、道半ばになっています。多くの場合、非常に稀な疾患であるため、可能な治療法を研究しても採算が合わず、企業はそのコストを正当化できません。このような病気は、難治性疾患オーファン・ディジーズ(Orphan Disease)と呼ばれ、先に述べたDeFiをヘルスケアに活用するDAOによって、コミュニティやグローバルな資金援助を受けることができます。これらのDAOは、これらの難治性疾患症候群に苦しむ人々の家族や恋人に、研究資金の調達に関わる機会を与え、さらには自らプロジェクトの提案を行うことができます。さらに、研究だけでなく、必要とされている医療用医薬品やワクチンの配布のための資金も、同じDAOから得ることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第596話からのターン。バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきます。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

crypto トレーダー

Explore More

ビジネスにおける”暗号化”を考える(2/2) NuCypher Workshopレポート

2月 21, 2019 0 Comments 0 tags

皆さま、こんにちは!本記事は先日1月19日、26日に開催したNuCypherのワークショップのカメレポートの第2部となります!記事第2部では、このNuCypherの技術の活用領域について触れていきたいと思います。このセキュリティシステムが一体身の回りのビジネスにおいてどのような役に立つのか、考察させていただきます。

シリーズAでTerren S. Peizerから$14.5Mの出資!クリプト訪ねて三千里:第166話 CasperLabs

9月 13, 2019 0 Comments 0 tags

About Latest Posts crypto トレーダー農耕型・堅実派のアルゴリズムトレーダー。夢はヘッジファンドを自動で運用することです。簡単なプログラミングからパソコンの組み立てまで全て一人でできるバランス感覚 […]

クリプト訪ねて三千里:第965話
ビットコインとダブルスペンディング

11月 22, 2021 0 Comments 0 tags

About Latest Posts crypto トレーダー農耕型・堅実派のアルゴリズムトレーダー。夢はヘッジファンドを自動で運用することです。簡単なプログラミングからパソコンの組み立てまで全て一人でできるバランス感覚 […]