メタマスクの説明記事は至る所に散らばっているのですが、実は本家の説明をしっかり見ていないなということに気づきました。どこもかしこも好き勝手に書かれてあるがゆえに(説明が間違っているものも多く)生半可な理解で使い始めて、送付間違いでクリプトをロストするということに繋がる可能性も出てきています。特にメタマスクやその他のウォレットについては理解し過ぎても困ることはありません。

MetaMask > Basics

 

いきなり序章でブロックチェーンとは何かという説明を読むことになったのですが、いつの間にかこういう原理原則のようなものを読み飛ばしてしまっているのは正直よくない傾向かなと思います。今一度、初心に戻って技術を楽しむ余裕を持ちたいものです。

 

ブロックチェーンとは何か?

ブロックチェーンは分散型台帳技術の一種です。私の理解では、みんなで管理している公開型のデータベースです。ブロックに記録が書き込まれれば、次に新しいブロックに暗号化された情報が追加されて行って数珠つなぎのように繋がっていくという仕組みです。Robin Chauhan氏の説明は少しユニークで、生命が地球上に拡大していく過程で広がっていった遺伝子取引や突然変異の記録であるDNAをブロックチェーンの比喩として、暗号資産であるビットコイン、イーサ、リップルを別個の種族(ヒト、チンパンジーなど)と表現しています。細胞は一緒でありながら別種として進化していったのと同じだという表現です。

カネにまみれてしまったブロックチェーンですが、このような基礎的な説明に触れてみるというのは少し新鮮な気分になれるのではないかと思います。

しかし、説明の中の、ボブに3ビットコイン払ったり報酬が25ビットコインだったりしているのは今の価格で換算するとえげつないです。マフィアでしょうか。

https://blockrabbit.s11dkoba.mixh.jp/a-gentle-introduction-to-blockchain-technology/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第596話からのターン。バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきます。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

オンチェーン上のスコアリングでポイントを集めよう!クリプト訪ねて三千里:第341話 drip

The BlockによるFEDの利下げとBTC価格の相関性についてのレポート。直近の3回におけるBTC価格は利下げにより下落しており、安全資産としては機能していないことを結論付けています。