ブルーチップとは優良銘柄のことを意味します。ダウ指数の30社はブルーチップであると言えますし、TOPIX Core30(トピックス コア30)も国内ブルーチップ企業と言ってもよいかなと思います。DeFiの世界のブルーチップは以下の通りです。

ローンチ当初(2020年9月9日)の10銘柄: YFI, LEND, COMP, SNX, MKR, REN, KNC, LRC, BAL, REPv2

追加されている銘柄:AAVE, UNI

昨年の10月2日にはREPv2(Augur:オーガー) が抜け落ちてUNIが入っています。10月19日にはLENDからAAVEへとバージョンアップしています。DeFi指数構成の比率の低いBalancer、Kyber Network、Loopring、RENにもフォーカスしていきたいですね。

 

https://blockrabbit.s11dkoba.mixh.jp/crypto-3000_623_bet_defi_index/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第596話からのターン。バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきます。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

Esportsを支援する賞金システム!クリプト訪ねて三千里:第398 話 Matcherino

Market MakerのB2C2がフランスの取引所LGOの買収へ調整中との報道。Market Makerはおかしなディーリングさえしなければ飛ぶリスクは限定的ですし、累積的に儲かります。その分獲得できるアップサイドも限られ、流動性の供給先である取引所の利益が美味しく見えてしまうのです。