本日はAave(アーベ)のお話です。Aave(アーベ)はレンディングが得意ですが他にも様々なサービスを提供しています。フラッシュローンやクレジットデリゲーションは以前にも紹介したことがありますが、不動産やNFT(たまごっちならぬAavegotchi)も提供しています。

AavegotchiについてはShoさんも第510話で紹介しています。

https://blockrabbit.s11dkoba.mixh.jp/crypto-3000_510_aavegotchi/

 

フラッシュローンの説明

https://blockrabbit.s11dkoba.mixh.jp/crypto-3000_601_flashloan/

 

 

クレジットデリゲーションの説明

https://blockrabbit.s11dkoba.mixh.jp/crypto-3000_646_credit_delegation_aave/

 

Aaveってフィンランド語で”おばけ”という意味でNFTコレクティングゲームであるアーべごっちを提供しています。昔に流行ったたまごっちをモチーフとしたものです。アーべごっちはマティック(Matic)ネットワークに乗るということを表明しております。【マティック(Matic)は、サイドチェーンとしてPlasmaフレームワークの適応版を使用しています。サイドチェーンとは木でいうところの枝みたいなものですね。幹はメインチェーンです。】

アーべごっちのWiki Matic

そして、説明を詳しく読もうと進んで行って、AavegotchiのゲームチャットであるDiscordにも登録しました。もう正直おなかいっぱいで何の成果を得られませんでしたが、仕事と思うからしんどいだけで、ちょっと暇な時にでもゲーム感覚で触ってみたいなと思っております。なんの成果も!!得られませんでした!!

NFT(ノンファンジブルトークン)は、クリプト、DeFiの次のフェーズです。今はゲームに少し取り入れられているとはいえビジネスという意味では早すぎです。
いや、もうすでに時代を先読みすべきなのか、そうでないのかを選ぶのは皆さまのセンス次第です。

 

https://blockrabbit.s11dkoba.mixh.jp/crypto-3000_608_nft_token_tanaka/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第596話からのターン。バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきます。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

面倒な仮想通貨の会計も簡単に!クリプト訪ねて三千里:第287話 TaxBit

ブロックチェーンゲームの元年になると言われている今年ですが、僕もそのゲーム性、そして収益性に注目しています。昨年リリースされたクリプトスペルが初月に3000万円の売上を達成したことは大変話題になりましたし、今年は同様のニュースが続々と出てくることでしょう。

APIでアプリと取引所を簡単連携!クリプト訪ねて三千里:第346話 Zabo

先日IPOしたCanaanに対する訴訟の件。訴訟側の投資家の購入額(20万円程)と対した訴訟にはならなそうですが、米国でビジネスをする際にはこういうイベントを最初から考慮する必要があるとつくづく感じさせられます。