BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考える筆者が、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムです!その日目に留まったメディア記事も幾つかピックアップしてお届けします!

勝手にピックアップ。今日のクリプト界隈の出来事。

 

・クリプトに有効的なBahamaがCBDCを発行予定(Coindesk)

クリプト事業者に対して大変有効的なカリブ海の島バハマですが、政府主導でCBDCを発行する予定。

⇒各国が一気にCBDCを進めている印象がありますが、政府がそこまですすめる動機は何だろう。トランザクションを全て管理できるから?マネロン規制?いまいちしっくりこない。

 

・DeFiで要求されているFair Launchについて(Decrypt)

SushiやSAFEでひと悶着ありましたが、DeFiにおいて開発者らがどのように恩恵を受けられるのかは重要課題。

⇒確かに最近トークンの配分等、神経質過ぎる質問がコミュニティでも相次いで飛んでいる。聖人君子がやっているわけでもないのに何を求めているのだか。

 

・Framework Venturesの投資ポートフォリオ(The Block)

サンフランシスコに拠点を置く同VCはDeFI関連銘柄にかなり投資している。

Aave、DODO、Synthetix、Yearn.Finance、TheGraphを始め、広い領域にアプローチ。

⇒有名どころのVCがかなり良い案件を握る構図はDeFiにおいても同様。SushiやYAMは例外。

 

今日のスタートアップ・ハント!

Coil:https://coil.com/

A new way to enjoy content

 

ウェブコンテンツビジネスにおける新しい支払い体験を提供しているCoil。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

ビットコインのセカンド・レイヤー:Rootstock(RSK)について

2014年以前からビットコインコミュニティに関与している方々はRootstockについてご存知だと思います。Rootstock(RSK)とは、ビットコインにスマートコントラクトを実装させようという試みです。最も堅牢性の高いブロックチェーンであるビットコイン上でイーサリアムやその他のチェーンの特性の恩恵を受けられるのです。

ブロックチェーンとセキュリティ in NYC

NYで行われた「ブロックチェーンとセキュリティ」と題されたNYのカンファレンス。そもそもブロックチェーン自体がセキュリティの高い仕組みなのではないの?そんな疑問を持ちながら参加しました。

DeFi×ArtについてのWeekly NewsLetter!クリプト訪ねて三千里:第302話 DeFi Arts Intelligencer

BinanceがFTXのレバレッジトークンを上場させるかも。圧倒的な取引ボリュームと口座数を最大限活用し、同社を起点にした総合的なプラットフォームになりそうで良い意味で恐ろしい。日本人はBANされるかもしれないとのことですが、国内取引所は改悪するばかりで、引き続き使いBinanceもしくは他の取引所を続ける人は多いでしょうね。