FTXユーザーらはTrump大統領の選挙結果に対して連動する金融商品を取引できる。最早BookMaker的な商品ですが、取り組みとしては面白いですし、どのような反響を得るのか非常に楽しみ。

Metamask:https://metamask.io/

Brings Ethereum to your browser

Metamaskはブラウザの拡張機能型のウォレット…というのが以前までの個人的な印象。

モバイル版のウォレットがまだあまりなかった2015年、ブラウザの拡張機能型のウォレットであるMy Ether Walletと共に主に利用していました。

最近はモバイルアプリのウォレットが台頭し、ブラウザ版を利用する機会は減りましたが、今でもクリプトゲーム等を遊ぶ際にはブラウザ拡張機能を利用しています。

 

余談が長くなりましたが、アプリ版のMetamaskについて。

これがすごい進化を遂げています。

基本的なウォレット機能だけでなく、Uniswap等の換金機能、Compound等のレンディング、Pooltogether等のゲームがMetamaskのウォレットから簡単に遷移することができ、シームレスに各サービスを利用できる仕様になっています。正にDeFiの完成形。

【Metamask】

・出資ラウンド(2020/1現在): 

・資金調達額:

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

クリプトのコンプラ順守を支援する!クリプト訪ねて三千里:第250話 TRM Labs

12月 6, 2019 0 Comments 0 tags

クリプトのリサーチニュースレターを配信しているBitcoin’s Rythmによるマクロ経済とクリプトについての記事。冒頭の一段落で引き込まれました。”(意訳)ミレニアル世代が歴史上で最も富んだ世代になる。彼らは従来の銀行システムを忌避し、Bitcoinを利用することを厭わないため、大きな資本の移動が始まる”。ITが身の回りの生活において当たり前となっている世代が、それとは異なる以前の価値観で作り上げられたシステムをそのまま利用することがあろうか。

認識のズレを無くして効率を大幅に向上!クリプト訪ねて三千里:第315話 Clear Blockchain Technologies

2月 9, 2020 0 Comments 0 tags

BitGoの利用者は同口座に資産を預けておきながらAPIを通じ、別プラットフォームのSettleBitでトレードをすることが出来るようになりました。コールドウォレットから一々入出金を繰り返す手間が省け、クリプト資産を扱う業者はより流動的な運用をすることが可能になりました。