クリプト専門のアセマネであるArcaによる記事。先日のBtcのDropを取り上げ、マクロ経済のファンダメンタル的にはBtcに対して強気姿勢であると言います。1つは中国元の下落、2つは金の価格調整で相対的にBtcの魅力が高まるという主張です。

Chai:https://github.com/dapphub/chai

ERC20 token representing a claim on deposits in the DSR

Chai:https://github.com/dapphub/chai

chai.solはERC-20のWrapツールを開発しようとしているプロジェクトです。

特にDaiのWrapに注力しており、DaiをChaiというトークンにWrapすることでDai Saving Rateの金利が付き、GASナシのERC-20にできるということです。どういう経済モデルなのか、もう少し見てみないと。

 

【Chai】

・出資ラウンド(2019/11現在): –

・資金調達額:-

・ポジションや提携について

もしご関心ある方いらっしゃいましたら、お気軽に下記のお問い合わせからご連絡を!

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

最短翌日支払いのPSP!クリプト訪ねて三千里:第402 話 Payvant

5月 6, 2020 0 Comments 0 tags

もしジンバブエでBTCが普及するならば世界中で利用されることになるだろう、と題するCoindeskによるドキュメンタリーPodcastシリーズ。ハイパーインフレが起こり、スマホやインターネットのアクセスが限られる同国、唯一の取引所であったGolixの閉鎖。チャンスと検閲の狭間に揺れるアフリカは今後のクリプトの指針を予想するサンプルとなるでしょうか。