Stable Coinは証券として扱われるのか否か、米議会で現在議論されているトピックの1つに非常に興味深いやりとりを見つけました。もし証券として扱われた場合はUSDT等はSECの監視下に置かれてより厳格な体制を敷くことが求められます。分別管理は勿論、トランザクションを必要に応じて全て開示することになるでしょう。通貨発行権は国としての1つの重要な威厳であるため、ここを手放すことはないと考えると自然な動きです。

Dai Card:https://daicard.io/

A simple in-browser Dai wallet

Dai Cardはブラウザ統合型のDai Walletを提供しています。

提供元はConnextというEthereumのインフラレイヤーを研究しているLabで、よりトラストレスな仕様を追及しながら、ユーザビリティの高いプロダクトを追求しようと開発に勤しんでいます。

 

Dai Card

・出資ラウンド(2019/10現在): –

・資金調達額:-

・ポジションや提携について

もしご関心ある方いらっしゃいましたら、お気軽に下記のお問い合わせからご連絡を!

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

10000種類の8ビットNFTキャラ!クリプト訪ねて三千里:第359話 CryptoPunks

LayerXと商社/証券/信託らとの合弁会社設立の件。凄すぎます。。ビジネス的(保有株式)な視点でいえば、大手と同列で組んだディール。これを取りまとめるには相当な説明が必要だったかと推察します。規制産業だけに今後も様々な壁が待ち受けているかとは思いますが、日本が世界に先駆けてSTO分野で大きく先行したと言っても過言ではない事例かと思いますので、めちゃ期待したいです。