Libraから多くのビッグネームが脱退を表明し、CFTCの議長がETHがコモディティであるという言及があり、BitwiseのETFが(いつも通り)拒否され、TelegramのICOに待ったがかかり、色々な示唆を得られる一週間でした。ポジティブともネガティブとも言えないファンダですが、そろそろブレイクスルーが欲しいところです。

Enable:https://www.enable.credit/

Social purpose loans using Dai and Smart Contract

EnableはIncome Share Agreement、要するに借り手の収益に対する一部を受け取れる権利をスマコンで表現することで、新興国との経済格差を縮小しようというプロジェクトです。

Bloomや3Boxを活用したクレジットスコアリングで、借り手のリスクを調整したり、と先が面白そうなプロジェクトです。

 

Enable

・出資ラウンド(2019/10現在): –

・資金調達額:-

・ポジションや提携について

もしご関心ある方いらっしゃいましたら、お気軽に下記のお問い合わせからご連絡を!

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

クリプトで担保されたステーブルコイン!クリプト訪ねて三千里:第231話 EOSdt

主要なリテール取引所における取引ボリュームは今年の6月より減少しており、特にアジア地域のトレーダーらの関心が薄れてきているというデータが出てきています。一方でSquareのBTC決済における収益は大幅増、新規が減り、Hodlerが取引所でない所で売っているのかもしれません。またまた一方、機関向けの取引所であるBakktの取引ボリュームはこの1カ月で20倍近くに($1M->$20M)。