分散型ブロックチェーンネットワークの運営は、各取引が何千ものノードで検証される必要があるため、大規模なコンピューティングリソースを必要とします。

これは、ネットワークが高いトラフィックに対処しなければならないときに特に問題となります。イーサリアムでは、こうしたトラフィックの急増が法外なETHガス料金につながりました。

イーサリアムを手頃な価格にするために、Polygonプロジェクトが支持されました。ポリゴンはいわゆるレイヤー2ブロックチェーンで、イーサリアムの構造と性能を改善しようとするものです。

PolygonとそのネイティブトークンであるMATICは非常に人気があり、そのトータルバリューロック(TVL)はSolanaなどの他のブロックチェーンに追いつく勢いです。

それでは、Polygonの仕組みについて深く掘り下げてみましょう。

ポリゴンの資金調達と開発
Polygonは2017年にローンチされました。その誕生には、4人のキーパーソンが関わっています。

Jaynti KananiはこのプロジェクトのCEO兼シニアソフトウェアエンジニアで、Sandeep Nailwalとともに共同創業者として働いています。Anurag ArjunはPolygonの最高製品責任者(CPO)、Mihailo Bjelicは共同創業者であり、同じく経験豊富なソフトウェア・エンジニアです。

ブロックチェーンのスタートアップとしては、Polygonは資金力があり、ベンチャーキャピタル企業は4億5150万ドルを投資しています。その中には、Galaxy Digital、Sequoia Capital India、SoftBank Vision Fund 2、Galaxy Interactiveなどが含まれています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!