マネーグラム、特定市場でUSDC Crypto-to-Cashプログラムを開始

米国を拠点とする送金・決済会社マネーグラムは、ドルペッグ型ステーブルコインであるUSDCを、同社の現金から暗号資産、暗号資産から現金へのプログラムの決済資産として統合することを発表しました。同社はまず、カナダ、ケニア、フィリピン、米国などの特定の市場で、ユーザーがUSDCを現金に交換したり、逆に現金に交換したりできるようにし、後にグローバルに拡張する見込みです。

このプログラムでは、USDCを法定通貨に交換する必要がある顧客、または法定通貨を売却して暗号資産を取得しようとしている顧客が、マネーグラムのアプリを使って交換を手配し、カナダ、ケニア、フィリピン、米国にある同社のいずれかのオフィスに行って操作を完了できるようにすることを目的としています。

金融包摂
マネーグラムにとって、この動きは、銀行口座の開設が困難な市場において、まだ十分なサービスを受けていない人々にファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)をもたらすためのものです。このプログラムが解決しようとする問題の一つとして、Stellar Development FoundationのCEO兼エグゼクティブディレクターであるDenelle Dixon氏は次のように述べています。

現在、20億人近くの人々が生計を現金に頼っており、デジタル経済にアクセスする選択肢はありません。同時に、暗号ネイティブのユーザーにとって、暗号通貨を迅速かつ確実にオフランプすることが、根強いペインポイントとなっています。このサービスの画期的な点は、世界中の様々なニーズを持つユーザーの問題を解決する方法です。

このサービスは、すでに上記の一部の市場で提供されていますが、マネーグラムは今月末までにグローバルなキャッシュアウト機能を目指すと宣言しています。このプログラムは、昨年10月にマネーグラムがステラ開発財団と締結したパートナーシップの一部であり、同社は顧客が米ドル建ての送金を可能にすることを開始すると発表した。

この種の暗号同盟は、マネーグラムにとって新しいものではなく、2018年に戻って送金に同社のソリューションを試験的に使用するために、別の暗号通貨および決済企業であるリップルとのパートナーシップを確立していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

Explore More

アジア版Grayscale!クリプト訪ねて三千里:第264話 IDEG

クリプトは今冬のど真ん中でですが、意外と悲観することはありません。足元で着実に開発を進めている素晴らしいデベロッパー達の活動は勿論ですが、投資のパフォーマンスベースでも著名なインデックスであるS&Pやダウと比較しても圧倒的。1Btcが数円だったことを思えば当然で、多くの投資家が2017、2018年に参入したことを考えればあまり有効的なデータとは言えないかもしれませんが、ポジティブに捉えていきましょう。

NFTを担保にローンを組成できる!クリプト訪ねて三千里:第306話 Rocket

BitfinexがMasterアカウントにて100個もの枝番号を開設できる新機能をリリース。建前はファンドが各トレーダーに別の口座を付与できるという触れ込みですが、口座のKYCがいらないとしたら、かなり幅広い利用方法がありますね。

Azureでトークンを生成できる!クリプト訪ねて三千里:第223話 Azure Blockchain Tokens

Tokenを作ること自体はクラウド上もしくは、STOプラットフォームで行えばよいためトークン化のハードルは非常に低くなってきました。クリプトの本義である分権化構造を構築するのことは別次元ですが、あらゆるモノをトークン化して、どのようなマーケットに迎合されるのかより早く見てもらえるのは良いことかと。