ブロックチェーン技術企業であるEverRiseは、VeNomics(投票エスクロー型トークン・モデル)とオンチェーンユーティリティNFTをサポートする新しいスマートコントラクトにアップグレードしました。アップグレードされたEverRiseプロトコルは、セキュリティ機能の向上と、オンチェーンユーティリティNFTで構築された革新的なステーキングプラットフォームを導入しています。RISEトークンは、EverRiseのブリッジングソリューションであるEverBridgeによって可能になった1つの共有サプライで、イーサリアム、BNBチェーン、ポリゴン、ファントム、アバランチ上で利用可能です。

オンチェーンNFTの使用により、ステーキングはブロックチェーン上で完全に保護されるようになりました。現在のほとんどのNFTは、ブロックチェーン上のシリアル番号とリダイレクトリンクだけで、オフチェーンに集中管理されたサーバーに保管されています。これらのサーバー上のNFTは、コントラクトのデプロイ先によって将来的に変更される可能性があります。EverRiseは、The EverRise NFT Staking Labを通じてNFTステークスの生成に必要なすべての情報を保護することで、パブリック台帳とスマートコントラクトの不変性を最大限に利用しています。

EverRise NFT Stakesのメタデータと画像はいずれもブロックチェーン上に直接保存され、ブロックチェーン自体の他に外部データソースを必要としません。NFTの属性と画像は、個々のステークスの正確なデータから生成されます。

NFTステークは、RISEトークンとveRISEガバナンストークンの入れ物となります。NFTが譲渡された場合、トークンも一緒に移動します。NFTがあるブロックチェーンから別のブロックチェーンにブリッジされると、そのメタデータと含まれるトークンはすべて別のチェーンに移動し、新しいチェーンのNFT Stakeとなります。

EverRiseは、EverRiseの流動性プールを強化し、ステイカーに報酬を与える自動買い戻しとステイクモデルを実装しています。RISEトークンは自動的にマーケットから購入され、ステーク報酬プールに分配されます。保有者は、トークンをステークする際にEverRise NFTステークを鋳造し、EverRise NFT Staking Labで一連の機能を利用することができます。RISEのステークホルダーは、オンチェーンNFTに加え、EverRiseプロトコルのガバナンス票を獲得できるVote Escrowed RISE(「veRISE」)を受け取ることができます。

改良されたスマートコントラクトは、ステーキングにこれまでにない柔軟性をもたらします。各ステーキングコントラクトは、ロックされたRISEトークンに結びついたオンチェーンNFTです。EverRiseの新しいステーキングプロトコルの重要な革新点は、ステーキングされたRISEトークンを保持するNFTステーク自体が、BNBチェーン、イーサリアム、ポリゴン、ファントム、アバランチに譲渡、取引、ブリッジ可能であることです。各ステークは一定期間RISEトークンを固定するコミットメントですが、保有者はその資産を使ってより多くのことを行う柔軟性を持っています。EverRise NFTステークホルダーは、譲渡、取引、ブリッジに加え、NFT Staking Lab分散型アプリケーションを使用して、ステーク契約の分割、増加、延長を行うことができます。2022年4月4日(月)現在、EverRiseは総供給量の70%以上をステーキングしています。
EverRiseはまた、RISEトークンとRISEアセットを保護するために、タイムロック、制限付き許可承認、オペレーター承認の大量取り消し機能、自動タイムアウトなどの重要な機能を導入しています。これらの新しいセキュリティ機能は、DeFiやNFTの分野で一般的に見られる悪用から保護するものです。

アップグレードされたRISEトークンは、EverRiseのマルチチェーンスワップインターフェースであるEverSwapを通じて入手できます。このインターフェースにより、プロジェクトはプロジェクトトークンではなくネイティブ暗号通貨で取引税を徴収することができ、よくある「スワップして清算」機能による売り圧力を排除することができます。

EverRiseについて

EverRiseは、ブロックチェーン技術企業で、分散型金融にセキュリティソリューションを提供することで、アクセス性を高めることに注力しています。分散型アプリケーションの革新的なエコシステムを通じて、EverRiseは投資家や開発者に、最大レベルのセキュリティを備えた可能な限り広い市場にアクセスするためのツールを提供します。彼らは、Ethereum、Binance Smart Chain、Polygon、Avalanche、Fantomネットワークにわたる安全プロトコルの大量採用に向けて取り組んでおり、現在5つのセキュリティdAppsを提供しています。現在、EverBridge、EverOwn、EverMigrate、EverStake、EverSwapの5つのセキュリティdAppsを提供しており、今後さらに追加される予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BlockRabbit『クリプト訪ねて三千里』とは。

第924話からのターン。暗号資産、DeFi、NFTに感化された新進気鋭の若手が定期的に登場します!
ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムもあり、アメリカ発の最新情報など絶妙にサンドウィッチされて生きた情報をお届けいたします。

第596話~第923話まで、バトンタッチを受けたcryptoトレーダーは、DeFiとは何ぞや?ユーザー目線でコツコツ嚙み砕いていくコラムを書いていきました。

~第595話まで
現在の実態経済からは少し離れたところに、もう1つの経済圏がブロックチェーンによって興ると考えるShoが、その興隆を追っていくために毎日1社ずつ界隈のプロダクトを紹介していく超短編気まぐれ日刊コラムであり、メディア記事も幾つかピックアップしてお届けしておりました。

BRニュースレターにご登録ください!ご登録頂くと日本語版Weekly Does of DeFiが無料で読める!

crypto トレーダー

Explore More

クリプト訪ねて三千里:第618話
知名度とやさしいDeFi

12月 10, 2020 0 Comments 0 tags

About Latest Posts crypto トレーダー農耕型・堅実派のアルゴリズムトレーダー。夢はヘッジファンドを自動で運用することです。簡単なプログラミングからパソコンの組み立てまで全て一人でできるバランス感覚 […]

クリプト訪ねて三千里:第1339話
ファンド事業とDeFi資産運用プラットフォーム

1月 20, 2023 0 Comments 0 tags

About Latest Posts crypto トレーダー農耕型・堅実派のアルゴリズムトレーダー。夢はヘッジファンドを自動で運用することです。簡単なプログラミングからパソコンの組み立てまで全て一人でできるバランス感覚 […]

アルゼンチンで過去最高のBTC取引額、Ethereumのアクティブアドレス数もここ2年で最高に、そしてLightspeed VenturesのWintermuteへの出資。クリプト訪ねて三千里:第468 話 RenrenBit

7月 11, 2020 0 Comments 0 tags

About Latest Posts crypto トレーダー農耕型・堅実派のアルゴリズムトレーダー。夢はヘッジファンドを自動で運用することです。簡単なプログラミングからパソコンの組み立てまで全て一人でできるバランス感覚 […]