仮想通貨

仮想通貨の完全自動売買(パクリ記事)を読んでしまった方へ

皆さま、こんにちは。クリプトトレーダーです。本日のテーマは「仮想通貨の完全自動売買(パクリ記事)を読んでしまった方へ」です。先日、色々と自動売買関連のサイトについて調べていたらコインハックというメディアサイトで、単刀直入に言うとパクられた記事を拝見しました。

とは言っても、自分なりに解釈しているみたいでオリジナル記事に対して補足事項が加わったような印象です。ただ、やっぱり表面的な事項にとどまっているところは仕方ないというところでしょう。

オリジナル記事 仮想通貨の自動売買とその考え方
パクリ記事 仮想通貨の完全自動売買を検討している方へ

メディア業界というのはこんなものだと割り引いて考えます。パクり記事のほうが情報量も多く、読者の方のほとんどの方はこちらのほうがよいと考えるかもしれませんが、トレードの本質論に関しては違います。幅広い知識なんて実は必要ありません。

たった一つの手法を磨くことこそが真実です。トレードも現実世界のビジネスも同じで、たった一つの優位性だけで勝負ができるのです。オフィスに飲み物を届けるヤクルト、ホスピタリティを提供するスタバ。車を作るトヨタ。シンプルなミッションこそがその道であることは明白です。

パクリ記事の感想と自動売買の本質について


むしろ勉強になりました。読者の方々の心中を察するに、自動売買というのは楽して儲かるというイメージがあるのでしょうが、私はそんなイメージが全くありません。

自動売買が最も活かされるストラテジーというのは、毎日or毎時のルーチンワークが確立されてからの自動化だと思っていますが、そんな毎日or毎時のルーチンワークを繰り返すに値するほどの優位性を見つけるのがそもそも難しいです。だからこそ、手で発注して色々な材料を試してストラテジーを作っていくのです。

それがないうちに自動売買に手を出しても、自動垂れ流しマシーンを操作しているだけとも言えます。(自動垂れ流しマシーンはダメですが、フローができるというのはメリットであり賛成なので、±ゼロが目指せるようであれば動かす価値はあると考えます。)

本当にコアとなるストラテジー。絶対的な優位性を持つストラテジーは自動売買を組み合わせても運用が楽になるわけではありません。なぜならば一種の特殊な作業が発生し、自動化できないからです。ヒイヒイ言いながら時間を割くわけですが、トレーダーとしてはむしろ幸せな時間であるとも言えるでしょう。その特殊作業の労力が収益の源泉を生むわけですから。

ある程度相場のデータを読み込めて、勝率・利益率はすごく良いわけではないが売買を繰り返すことで儲けられるストラテジーがあれば迷わず自動化するべきでしょう。テクニカル分析ベースのものは割と簡単に自動化できると思います。が、一般の方が考えるほどの儲けに行きつくことはほとんどないです。みんな似たようなことをやっていますので。

と、ネガティブなことばかりを述べていますが、やっぱり自動売買に興味があることは確かですよね!±ゼロ以上が目指せるようであれば動かす価値はあると述べましたが、その通りだと思っていますので今後もよいと思う情報があれば紹介していきます。

売買サービスを購入して自動売買を行う方法

パクリ記事を見比べなくても読者の方にわかりやすいように、内容を引用して解説するよう配慮しました。どうせパクリ記事なのでコピペは自由と思っていますが、とは言っても引用であることがわかるようフェアに対応いたします。

Cryptotrader
クラウドベースのプラットホームであるCryptotraderの特徴は自分のパソコンや端末にインストールするのではなく、サイトへ無料登録するだけで利用できます。 自ら立てた戦略をボットに組み込ませることができるシステムで、他の人が作成した優れたボットを購入して自分が運用する事も可能です。 ボットのストラテージは公開されているので、自分の好みや使いやすいボットを選べるのが特徴です。また、過去データも保存されているので、バックテストも可能です。

Cryptotraderについては実際に動かしてみました。やっぱりCoffeeScriptが難しいというか、CoffeeScriptで書くくらいだったらPythonでいいと思いました。結論からいうと、おすすめしません。自動売買そのものは当然可能でしたが、やはりストラテジーありきなので特に儲かりませんでした。

Haasbot
海外で最も知名度の高い自動売買ツールと言われているHaasbot(C#言語)はお試し利用ができない上に初期費用がビギナーライセンスで0.05BTC(日本円で約86,700円)、シンプルライセンスで0.09BTC(日本円で約156,000円)、アドバンスライセンスが0.14BTC(242,800円)となっており、とても高額です。(価格は12月9日のビットコイン価格1BTC=1,734,465円にて換算しています)

XBT TRADER
日本をベースに作られた自動ツールで、世界初の自動システムの実用化と、人工知能AIを搭載した自動売買ツールです。 24時間365日世界中の取引所との取引が可能で、ビットコインを始め、アルトコインの売買も可能です。 初心者サポート付きで、利用の際には初期費用は無料ですが、月額21,000円(税別)、支払いは一括先払いの年間252,000(税別)が必要です。

Haasbotについては他のブログも読みながら検討したいと思っています。XBT TRADERは個人的に怪しいと感じていますので後回しです。XBT TRADER関係者の方の解説や、ユーザーがいらっしゃいましたら是非教えていただきたいと思います。

自分でプログラムを作りたい時はどうすればいいのか

ビットコイン自動取引の関連雑誌で学ぶ
自動取引を行うために参考となる資料としてはインターネットのWebサイトや、先ほど紹介させていただいた2つの関連動画からも学べますが、他にも雑誌から学ぶこともできます。
日経ソフトウエア2017年9月号の『Pythonでビットコイン自動取引』という記事では売買プログラムが紙面に公開されており、自分自身の手に取って学ぶことができますので、とても参考になります。

動画サイトUdemyで学ぶ

雑誌については引き続き有用です。Udemyについてはビットコイン【プログラミング初心者でも安心】Pythonとチャットツールで仮想通貨 ボットを作ろう!というコースが提供されており、実は購入をいたしました。本当に基礎事項と思いますが、非プログラマーがプログラムに触れるには安い値段で体系立てられていますので時間を効率的に使うという意味で良い投資だと思います。変動タイプ1200円~1800円

自動裁定取引システムフロー

Blackbirdについてはすごく興味を持っています。これもどこかのコピペでしょうか。いい情報を手に入れましたので試してみます。恐らく、以下のサイトがオリジナル記事だと思います。

バニラオプションのおいしい調理法

まとめ

いいネタであればマネされるのは仕方ないというところです。そういう意味では光栄なことでもありますが、やっぱりマネしているところは肝心なところが空洞です。なかなか見分けることは難しいかもしれませんが、ブロックラビットは地に足をつけて本気で取り組んでいますのでその点はご安心ください。それではよい一日を!

crypto トレーダー

crypto トレーダー

都内在住の農耕型・堅実派のリアルトレーダー。1978年生まれ。ギャンブル嫌いでカジノに行っても冷ややか。確率的に勝てる勝負が好き。トレード全般、簡単なプログラムからPC組み立てまですべて自分でできるバランスタイプ。とんかつ好き。尊敬する人は瀬良明正社長。
crypto トレーダー