ビットコイン 仮想通貨取引

相場分析 17

みなさんこんにちは。ニューヨーク在住のIchiroです。

前回(相場分析 16+先物)は、下落相場でも利益を狙える先物の利点についてお話ししました。

今回は相場が上昇に転じました(4時間足で)。それでは早速相場分析に行きましょう。

以下のチャートをご覧ください。(2/11/2018 14:30頃 at NYC 4時間足)

2本の黄色の縦線に挟まれた範囲が前週の相場で、2/5 0:00 – 2/9 20:00 になります。

ピンクの縦線の、一つ前の縦線で一回下落した直後大きく上昇しています。また白の縦線でははっきりと波形を描き、MACDがゴールデンクロスし、安値、高値が切り上がっています。1時間足で見るとよりはっきりします。

以下に1時間足のチャートを示します。(2/11/2018 14:30頃 at NYC 1時間足)

ピンクの縦線の所では、安値、高値が切り上がっていますので上昇トレンドが発生しています。ただこの場合はまた直ぐに下落になる可能性がありますので、まだエントリーは控えた方が良いでしょう。白の縦線の所では、その前に発生した上昇トレンドが、ボリバンの上の線にタッチして下落した所で下げ止まります。この時緑の横線辺りでサポレジラインが形成されています。またボリバンの中心線辺りで反発していますので、白の縦線の一つ前の足でエントリーできると思います。そしてボリバンの上の線にタッチした所で決済します。

その後の下落もボリバンした辺りで下げ止まっていますので、エントリー可能ですが、入る場合は小ロットで入る方が良いでしょう。このような場合は、サボレジライン(緑の横線)まで下落することがあるからです。

そしてボリバンの上の線にタッチした後再び下落しますが、またボリバンの下の線付近で下げ止まります。この場合は、水色の横線がサポレジラインになりますので再び買いでエントリーできます。

非常に分かりやすい上昇トレンドだと思います。4時間足でも上昇ラインで、目指すのはピンクの横線の下の線です。ここに到達するまでは上昇トレンドが続くのではないでしょうか。

ただし以下の日足チャートを見ればお分かりのように明確な下落トレンドが続いています。

(2/11/2018 17:00頃 at NYC 日足、少し昼寝したので時間があいています)

トレンドライン付近では下落しそうなので注意が必要です。

それでは次回またお会いしましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

ICHIRO HONDA

ICHIRO HONDA

ニューヨーク在住のFX兼業トレーダー。
専業トレーダーになって経済的自由を手に入れ、英語圏で本を出版
することを目指している。

Recent Posts

ICHIRO HONDA

Latest posts by ICHIRO HONDA (see all)