ビットコインと円
コラム ニュース ビットコイン 仮想通貨 仮想通貨取引

ビットコイン・トレードと取り巻く相場状況

皆様、こんにちは。cryptoトレーダーです。前回の記事「ビットコインを初めてみよう!」では名乗ることを忘れておりました。農耕型・堅実派で、嵐に強いスタイルです。コツコツと晴れの日に精を出す一方で、嵐の日でも耐久性があると思っています(多分)。うまく行けば嵐の中で大波サーフィンいたします。

この記事の目次

ビットコインが50万円をつけました。5万円くらいのときから知っていたビットコインですが、10倍になるとは思いもしませんでした。得体の知れない無形のもので5万円でも高いと思っていたものが、それが50万円です。あのとき100万円でも買っていれば・・と思ってしまいがちですが、大事なのはこれからです。

これからビットコインはどうなっていくのか、上がるのか下がるのかが皆さん知りたいことですよね。今回、上がる要因と下がる要因を箇条書きにしてみました。

ビットコインが上がる要因

  • ビットコインは上がるものだとみんな思っている。
  • ビットコインに興味を持った人たちが実際に買い始める。
  • 送金、入出金を繰り返しそれら端数がウォレットに残るため、その分価格が上がる。
  • ビットコインが実社会で活用される。
  • インパクトある報道(国家の仮想通貨採用や企業の新企画等の発表)
  • このうち、まさに今上昇している要因が、ビットコインは上がるものだとみんな思っていることと、ビットコインに興味を持った人たちが実際に買い始めることでしょう。この二つの組み合わせは言わば最強です。過去の歴史からは、土地バブル、ITバブル、チューリップバブルが例に挙げられます。

    トレーダーの見立てだと、バブルだから悪いということは決してなく、上昇マインドがありかつ実際に買う人たちがいるということを重視しています。買う人が売る人よりも多いだけで価格は上がっていくわけですが、更に全員が上がるだろうと思うことでさらに買いが増えるといった連鎖が働くのです。下落してもその下落を狙って買いたい人がいますので、買い方は安心です。

    ビットコインが下がる要因

  • 大口プレイヤーの利食い(売り浴びせ)
  • バブル現象の崩壊
  • 熱が冷める(ハッと我に返る。)
  • オルトコインの購入(リップルやライトコインを購入。xxx/BTC等BTCが決済通貨)
  • インパクトある報道(取引所破綻や規制強化)
  • 今、気を付けないといけない下落要因は、大口プレイヤーの利食いでしょうか。上昇相場においては、各プレイヤーのポジションが大きくなる傾向にあります。儲かるからポジションが大きくなるのですが、買い板が厚いとみるとそれにぶつけます。この現象を見ている他のプレイヤーも恐怖にかられブン投げることもあるでしょう。そうなると一時的なパニック売りが発生します。例えば、仮想通貨取引所のコインチェックのチャートで長い下ヒゲが見られるのはこのような現象からです。元に戻るうちは全然いいのですが、底抜けることもないとは言えません。

    まだバブル現象の崩壊や熱が冷める(ハッと我に返る。)といったことは起こりそうにありませんが、とは言ってもいつ起こるかは誰にもわかりません。常にそのリスクはあるということを考えて身構えておきましょう。資産を守れるのは自分だけですので。

    取り巻く相場状況

    日本の仮想通貨マーケットをわかりやすく示してくれるのが、CryptoCompareというサイトです。https://www.cryptocompare.com/coins/btc/overview/JPY

    BitFlyerFXで最も取引があることがわかります。レバレッジを掛けることができ、ショート(空売り)もできるのが人気の理由でしょう。

    そしてビットコインは対円で取引されていることが多いということです。対ドルよりも多いのですね。皆さんの周りにビットコインの取引をされている方はいらっしゃいますか?そんなに多くないと思います。ということは、日本の一握りの大口プレイヤーがバチバチやっているか、海外のトレーダーが対円を取引しているということでしょう。いずれにしてもビットコインの取引は対円が多いということは意識してもいいかもしれません。つまりは、英語・日本語のニュースでインパクトが違ってくることもあるということです。

    ビットコインの相場

    で、実際は?トレーダーの相場解説

    最もあてにならないのがトレーダーの相場解説です。俺、今売っていると言ったその瞬間に考えが変わってドテンで買っているものだからです。

    私、ショートでしたがあまりに強いのでその範囲内で買いポジションを仕込んで今まさに利食いをしました。損をするのは仕方ないですが、上昇相場で乗れていないのも悔しいです。誤解を恐れずに言うと、一番気持ちいいのはパニック売りの中、自分だけはショートポジションを持っていることですが、その局面は当分こないのかなぁと思っています。

    crypto トレーダー

    crypto トレーダー

    都内在住の農耕型・堅実派のリアルトレーダー。1978年生まれ。ギャンブル嫌いでカジノに行っても冷ややか。確率的に勝てる勝負が好き。トレード全般、簡単なプログラムからPC組み立てまですべて自分でできるバランスタイプ。とんかつ好き。尊敬する人は瀬良明正社長。
    crypto トレーダー